Foot エクササイズ

こんにちは!
山田です。

今回は、【Foot】エクササイズについてお伝えさせて頂きます!

1.まず“重心矯正”で脚やせの土台をメイク。

自宅でのストレッチ&エクササイズと、1週間に1回の定期的な施術を並行して行うというもの。

Warm-up:股関節の動きをスムーズにするストレッチ。
ゆるめて、鍛える。美脚のためのビギナーレッスン。
まずはエクササイズの前に、立ち方の要となる股関節のそけい部や、仙腸関節の動きがスムーズなるよう整えていきます。両手と両膝を床につけ、膝から一直線の位置に足首をセット。このとき、膝の角度は90度に。また、かかとの内側を床につけ、つま先を外へ向けてセットします。

背中が反ったり丸まったりしないよう背中を真っ直ぐに保ちつつ腹筋を引き上げ、息を吐いてお尻をかかとの方へ引く。お尻を引ききったら、息を吸いながら元の位置へ戻す。これを10回1セット。膝が痛い場合はタオルやヨガマットを重ねるなど工夫してみてください。

このストレッチはウォーミングアップとして、11〜30日目も継続して行うのがベスト!

Exercise 1:ゆるめたら、まずは重心を内側へ矯正。

大臀筋や中臀筋を鍛えながら、重心を内側へと矯正します。すねくらいの高さの台を用意し、台の前に足を肩幅くらいに広げて立つ。左足を後ろへまっすぐ伸ばし、つま先を台の上にセット。軸足の母子球(親指の付け根)とかかと内側にウエイトが乗るようにコントロールし、しっかり床をグリップしてください。

5カウントでおじぎをするように上半身を床へ近づける。このとき左右の指先と指先の間隔を頭の幅くらいにキープし、両腕が床に垂直になるように意識して。指先が床についたら、5カウントで元の位置へ戻る。これを左右それぞれ10回繰り返す。軸脚の膝は固定しておくが、膝が入らないように軽く曲げておくとGOOD。このエクササイズを続けるうちに、足の親指側に体重が乗りやすくなるのを実感するはずです。

Exercise 2:“ボール挟みスクワット”で内ももを鍛える。

ももの内側にある内転筋を引き締めるエクササイズです。トレーニング用の柔らかいボールを用意し、立った状態で膝の間にボールを挟む。腰に手を当て、軽くお尻を引いて腰掛けるようなイメージで膝を曲げて。このとき、内側へぎゅっと力を加えるよう意識を。45度より浅い角度 までお尻を引いてから、元に戻す。これを10回繰り返します。

簡単な3つのストレッチ&トレーニングを10日間続けるうちに、正しい重心や脚の使い方が身につくようになります。

Writer MIKI YAMADA 



1店舗を経て2018年Soy-kufu入社
シャンプー・スパ自信あります✨
お休みには美術館巡りやホットヨガに通ったりなど
アクティブ派です!
~似合う髪型になれる「3つの法則動画」~
東伏見駅徒歩1分の美容院SOY-KUFU(ソイクフ)のオフィシャルホームページです。赤色の下記バナーをクリックするとホームページに飛びます。