黒髪でも垢抜けるためのメイク方法を東伏見の美容師がお教えします!

こんにちは!齋藤です。

学校や就活、職場の関係で「黒髪」でいなければいけないという方多いと思います。
そこで今回は黒髪でも垢抜けるメイク方法をお教えします!!

ベースは透明感!

黒髪だと全体の印象が暗くなりがちなので、透明肌にして明るい印象を作りましょう!
お肌を白くするというよりは、透き通っている印象を演出することが大事です。

パープルやブルー、グリーンといったコントロールカラーを下地の後に仕込むことで、自然な透明肌を手に入れられます!

ベースメイクの手順は通常通り
下地→(コントロールカラー)→ファンデーション→コンシーラー→フェイスパウダー
この順番で塗っていきます。

透明肌を作るのに大切なことは、「透明感を出してくれるアイテム」を選ぶことです!
そして、ファンデーションは厚塗りをせず、コンシーラーで気になる箇所をカバーするのがおすすめです。

眉毛は立体感と色味をこだわろう!

練りタイプのハイライトでじゅわっと立体感。
髪より少し明るい眉カラーで洗練顔を作りましょう!

眉は、平行で眉山がしっかりある形が理想です。
ペンシルで縁取った後にパウダーで埋めるように描くのが失敗しにくいのでおすすめです。

アイシャドウは薄く、まつ毛で存在感を!

ベースと眉と垢抜けるための土台はしっかり出来ました!
次に大切なってくるのが、いかに作った土台を崩さずに色付けるかということです。

〇目元:下まぶたにラメをがっつりのせない
グラデーション風の強い仕上がりは避ける
    ビューラーでしっかりまつ毛を上げてマスカラを塗る
    インラインをしっかりする
〇口元:赤みのあるブラウン系リップなど、存在感のあるカラーリップで顔を引き締める 

以上を意識することで、大人盛りの完成です!
(*マスカラ・アイライナーをブラウンにすると、柔らかい印象を与えてくれます。ブラックだと目力をアップしてくれます。)

自然体が垢抜けさせる

黒髪の方が垢抜けるためには、メイクをいかに自然体に仕上げられるかが大事です。
ラメ感の強いアイシャドウで目元を作るのではなく、あくまでも‟仕込む”という感覚のもとメイクを楽しむのです。
この方法がマンネリしてきた場合は、リップの色を変えるだけで新たな自分を発見出来ます。

垢抜けるためのメイク方法、是非お試しください!!

Writer nozomi saito

日本美容専門学校卒業、1店舗経験後soy-kufu に入社
隅々まで行き届いたシャンプーが得意です*
現在、スタイリストデビューに向け、カット技術を極めています!
趣味はネイルを集めることと音楽を聴くことです☆
Instagram:nons4318
~似合う髪型になれる「3つの法則動画」~
東伏見駅徒歩1分の美容院SOY-KUFU(ソイクフ)のオフィシャルホームページです。赤色の下記バナーをクリックするとホームページに飛びます。