髪を染めるならどっち?ヘアカラー?ヘアマニキュア?どちらにするべきか西東京市東伏見の美容院がお届けする 植野

髪を染める方法には大きく分けてヘアカラーとヘアマニュキアがあります。
この二つの違いについてお伝えします。

ヘアカラーとは髪の内部に働きかけ髪の色素を脱色し、その上で髪に色をつける方法です。

日本人の髪は黒いので、まず元の色素を脱色しないと染めた色が分かりづらいです。

髪の色を明るくする場合はだいたいがこのヘアカラーをしています。

ヘアマニキュアとは?ヘアカラーとの違いは??

ヘアマニキュアはそれとは違い、イオン結合によって髪の表面にだけ色を吸着させる方法です。

ヘアマニキュアは髪の内部の色素まで傷つけることはないため、ダメージはほとんどありません。

ただし、黒髪に対しては効果を出すことがあまりできません。
光が当たった時にニュアンス的に色づきが分かる程度です。

その代わり髪をコーティングするのでツヤ感を出すことはできます。
薬剤がそこまで強くないので、素人でも自宅で気軽に使えるという利点があります。

髪を脱色した後で、髪を傷めずに色をつけたい時にはヘアカラーではなくヘアマニキュアを使ってみるのもいいかもしれません。

ヘアカラーの色持ち

続いて褪色のしやすさについて。
ヘアカラーの色の持ちは髪のダメージ具合によって大きく左右されます。

傷みが少ない場合は2~3ヶ月ほど持ちますが、ダメージが大きい場合は1ヶ月で色あせてしまうことも。

一般的にダメージ毛は色が染まりやすく抜けやすい、と言われています。
色が抜けるのは主にシャンプーをする時です。

ダメージが進行していればいるほど、シャンプー剤やお湯で流れることによって褪色が激しいので、カラー後にはこれを防ぐために専用のシャンプーやトリートメントを使った方が良いでしょう。

シャンプーの際は頭皮の汚れを落とすことにとどめて、髪を直接ゴシゴシ洗わないように注意するとより褪色は防げ、染めたての色が長持ちします。

ヘアマニキュアの色の持ち

ヘアマニキュアについては染まりが緩やかなため色落ちも早く、綺麗な色を保てるのは2週間から3週間と短め。

こちらもシャンプーで色落ちが進み、泡が染めた色になるなど色落ちが目にもはっきり見えてきます。

そのかわり、髪への負担が少ないので頻繁にできる、という良い点もあります。
色がつかない透明のヘアマニキュアもあり、髪にツヤだけを出したい時に使う人もいます。

透明ヘアマニキュアをヘアカラー後に使えば、ヘアカラーの色を長持ちさせてくれる効果があるので、組み合わせて使ってみるのもいいかもしれませんよ。

Writer Yoshihisa Ueno


2017年 広島美容専門学校 卒業
2017年4月 soy-kufu 新卒で入社
業界では珍しい 入社して3ヶ月でカット練習開始
そして入社して半年でモデルカット開始
1年スタイリストデビュー目指してます!
カットモデル募集中!!!

ホームページ

instagram
Twitter
LINE

~似合う髪型になれる「3つの法則動画」~
東伏見駅徒歩1分の美容院SOY-KUFU(ソイクフ)のオフィシャルホームページです。赤色の下記バナーをクリックするとホームページに飛びます。