髪の分け目がはっきりわかれてしまう・・・そんな方へ緩和方法をレクチャー

分け目をあまり目立たせたくない。そう思っている方も多いのではないでしょうか?

最近の髪型は分け目を曖昧に、もしくは目立たなく作っているものが多いですね。

でも実際は

お客様
「分け目が目立ってしまうのでどうすればいいの?」

というご相談をよく受けます。髪質や骨格によって変わる部分もありますが、改善方法をいくつかレクチャー致します。

分かれてしまう所を最初に乾かす

髪は乾くとともに、その位置に留まろうとします。分けた状態で乾けば、分かれた状態で留まります。

この性質を逆に利用して、分け目を出来るだけ消した状態で髪を乾かすと、目立ちにくくなります。

具体的なやり方

≪お風呂上がったら、できるだけ早くドライヤーをかける。≫これがポイントです。
上記したように、髪は乾けば乾くほどその形がついてきますので、お風呂からあがったらできるだけ早く乾かしましょう。

石橋
その際、分け目から乾かすことを意識してください!!

分け目をまたぐ様に乾かす

分け目を消すように、左右からまたいで乾かしましょう。
左右交互に30秒づつまたいでください。分け目付近が乾くまで繰り返します。
その際、くしやブラシを通しながらやるとより効果的です。

毎日やる

この乾かし方を毎日やってみてください。髪は不思議なことに形状記憶の要素を持っています。
分け目の形状記憶を緩めていくには、毎日の作業がポイント。

石橋
2週間続ければ、きっと今までよりも分け目が目立たなくなっているはずです!!

できるだけ違うところで分ける

もしも分け目を少しでも変えることができるのであれば、普段の分け目とは違うところで分けましょう。
少しずらすだけでもOK。これも形状記憶を緩ませるポイントです。
すぐ戻ってしまうという方も、ワックスなどをつけてチャレンジしてみてください。

いかがでしたか?
今回のやり方を実践していただければ、分け目はかなり緩和されると思います。

まずは2週間トライしてくださいね☆

Writer Takuro Ishibashi

大手サロンのトップスタイリストを経て2014年東伏見駅にて美容院soy-kufu(ソイクフ)を起ち上げる。同年に「ビスポークスタイル」という対話形式のカウンセリングを確立させ、さらには「non wetting cut」という濡らさずに切るオリジナルカット技法も確立。技術力の高さから武蔵関、西武柳沢をはじめとした遠方からの顧客も多く、リピート率は90%を超える人気オーナースタイリスト。
~似合う髪型になれる「3つの法則動画」~
東伏見駅徒歩1分の美容院SOY-KUFU(ソイクフ)のオフィシャルホームページです。赤色の下記バナーをクリックするとホームページに飛びます。