美容院帰りのさらつや髪を維持するには!東伏見の美容院がご紹介します!

こんにちは、隅です。

5月も下旬にさしかかりつつありますね・・!
もう本当に梅雨の時期まであともう少しですね・・
六月に入ると今年ももう半年経ったことになりますね・・!
あっというますぎて時の流れと体がついていけずに
います・・!!

先日ダメージ部分をとり量を調節させていただきました!

Processed with MOLDIV

伸ばしているので綺麗に伸ばさるようにメンテナンスで1・5か月に一度いらっしゃっていただいております。
伸ばしている方でも伸ばしっぱなしっというのは実は
よくないです・・!!
伸ばしている中切ってしまうと当たり前に短くなってしまうので絶対切ってください!とはおススメしませんが
定期的に切ってあげると良いです!

日々の生活の中で実は些細なことでダメージしてしまうのです、、!なのでダメージしたところはとり
量も増えてきて扱いづらくなってきてしまうので
量はとれるとステレスがないと思います!

また日々の生活で起きてしまうダメージを
ご紹介致します!

紫外線

髪も肌と同じように紫外線によって大きなダメージを受けています。
髪の毛はたんぱく質でできています。このたんぱく質が紫外線を浴びることで酸化し酸化が進行してしまうとキューティクルが薄くなり剥がれやすい状態になりダメージに繋がってしまいます。

静電気
乾燥により起きてしまいます。パチパチと電気が流れるのが
静電気です。これもダメージにつながってしまうので
保湿力のある洗い流さないトリートメントをつかう

濡れたまま寝る

髪が濡れているままで寝ると、枕や布団にキューティクルが開いた状態の髪をこすりつけることになります。キューティクルが閉じずに開いたまま乾いてしまうのでパサつきや広がりの原因になります。

間違ったシャンプー法

水に濡れているか髪はとてもデリケートです!ごしごしとこすりつけるように洗うと、髪のために良いと思っているシャンプーが逆にダメージを与えることになります。
なのでゴシゴシではなく丁寧に乾かしてあげましょう!

ドライヤー

ドライヤーをあてるうちに、髪が熱くなってきたらオーバードライといってダメージの原因になるので、ドライヤーを少し遠ざけるようにして髪の温度に注意しながら乾かしましょう。

またドライヤーに入る前のタオルドライも
ゴシゴシやってしまうと摩擦が起きダメージしてしまうので
ゴシゴシしないようにタオルで挟み優しくドライして
あげましょう!

もちろんカラーやパーマもです!

しっかりケアしましょう!

本題に入ります!
美容院帰りのさらつやかみ維持する方法ですが

ドライヤー

ヘアケア

濡れたまま絶対に寝ない!

の三点です!!

ドライヤー

乱雑な乾かし方をするとキューティクルが
はがれダメージにつながってしまいます・・!!
また濡れている髪はとてもデリケートです!
なので乱雑な乾かし方はやめましょう!

後ろから前にハンドブローをしながら乾かして
あげると良いです!
ドライヤーも前から風をあてるのではなく
後ろから乾かしてあげましょう!

ヘアケア

シャンプーもトリートメントも重要です!
トリートメントですが髪質にあったものを
使いましょう!
また髪質にあったものがわかない場合は
担当の美容師さんに聞きましょう!
当たり前ですが間違いなくサロンシャンプーの方が
しっかりケアしてくれますし効果も歴然です!
またトリートメントですが、中間から毛先にしっかり
付けましょう!髪は10万本はえています!
なので手だけでつけるとまばらにつき
ついているところとついていないところが
でてきてしまうので、粗目のコームで溶かしてあげましょう!
そうするとんぶの髪に効果がいきわたります!

濡れたまま寝ない

先ほど日常のダメージでご紹介した通り
濡れたまま寝てしまうとせっかくトリートメントで
ケアしても無意味になってしまうので、
しっかり乾かしましょう!またお風呂からでて
タオルターバンするのではなくでてすぐに
乾かしましましょう!髪は濡れた瞬間から乾く瞬間に
あとがついてしまうのですぐがおススメです!

しっかりケアして美容院帰りのさらつやを維持しましょう!

Writer Yuka Sumi 


専門学校時代、技術能力試験 カット部門 第3位!現在カット技術極め中です☆彡 服飾の資格を取得しており趣味はお洋服作りです* ファッション、ヘアなどトータルで可愛いをご提案できるよう勉強中です☆
<a
~似合う髪型になれる「3つの法則動画」~
東伏見駅徒歩1分の美容院SOY-KUFU(ソイクフ)のオフィシャルホームページです。赤色の下記バナーをクリックするとホームページに飛びます。