美容院に行く前に…髪型をネットやヘアカタログで探す、ちょっとしたコツ

美容院に行く前に、ネットや雑誌で髪型を探した経験はありますか?

石橋
その時に≪どんな基準で選んでよいかわからない≫と思ったことはないでしょうか。今日はその基準について書きます!

まずは長さを決める

多くの場合、ネットやヘアカタログでは、髪の長さ別でカテゴライズされています。何かを決めないと前には進みづらいので、まずは長さを決めましょう。
もしも2つの長さで迷っているようであれば、2つの長さを探しましょう。髪型は膨大にあるので、効率的に絞る事が重要です。

雰囲気で選ぶ

長さが決まったら次は雰囲気です。「この髪型なんとなくいいな」「フワフワしてるからかわいいな」「こういうのは嫌だな」と、感情のままでかまいません。この時ポイントなのが、
【似合う似合わないは関係なく選ぶ】という事。
なぜなら、それは自分ではわからないからです。自分が好きな雰囲気の髪型を選んで、美容院で見てもらおう!!という感じでOKです。

顔で選んでいるかもしれないと思ったら・・・

モデルさんの可愛さや、きれいさで髪型写真を選んでしまっているかも・・・。そんな風に思う方も多いのでは無いでしょうか。もしそうだとしても大丈夫です。顔で選んでいるとしても、それを選んでください。どうしてOKかというと、その写真から、美容師に伝わる情報がある場合が多いからです。

部分でもOK

ヘアスタイルを写真で選んでいて「前から見た感じは好きなんだけど、後ろが気に入らないなぁ。。。」こんな風に思ったことはないですか?この場合、「前から見た感じはこのシルエットが好きで、後ろはこのシルエットが好き」という風にパーツで選んでも問題ありません。

石橋
そして美容院でカウンセリングする時に、その旨を伝えると良いでしょう。上手な美容師であれば、その気持ちを汲み取り、バランスよく組み合わせてくれるはずです。
「全体的に好きな髪型だけど、前髪だけ違う感じにしたい」こういう選び方も、ありなわけです。

3~5スタイルチョイス

絶対にこれがいい!というスタイルが見つかれば1つでもOKですが、そうじゃない場合は3~5スタイル選びましょう。
似てるものでも構いませんし、そうでなくても良いと思います。なぜ枚数を多めに選ぶかというと、枚数があった方が美容師に情報が伝わりやすいからです。美容師は画像から、お客様の思っていらっしゃることを感じ取るので、その情報が多い方がいいというわけですね。

いかがでしたか?
大事なのは、似合うかどうかを考えずに選ぶことです。感情のままに素敵な髪型をチョイスしましょう☆

Writer Takuro Ishibashi

大手サロンのトップスタイリストを経て2014年東伏見駅にて美容院soy-kufu(ソイクフ)を起ち上げる。同年に「ビスポークスタイル」という対話形式のカウンセリングを確立させ、さらには「non wetting cut」という濡らさずに切るオリジナルカット技法も確立。技術力の高さから武蔵関、西武柳沢をはじめとした遠方からの顧客も多く、リピート率は90%を超える人気オーナースタイリスト。
~似合う髪型になれる「3つの法則動画」~
東伏見駅徒歩1分の美容院SOY-KUFU(ソイクフ)のオフィシャルホームページです。赤色の下記バナーをクリックするとホームページに飛びます。