美容院で質問が多い「あほ毛」。原因がわかれば対策ができます!!

せっかくスタイリングをしたのに、表面にピンピン、フワフワ出てきてしまう短い毛。嫌ですよね…。

石橋
通称「あほ毛」と呼ばれているこの現象。
これには3つ原因があります。今日はその原因と対策についてお話いたします!

あほ毛の正体

あほ毛には3つの原因があります。

1つ目は、成長中の毛
2つ目は、切れ毛
3つ目は、そこまでしか成長しない毛

成長中の毛

髪は1日に100本前後抜けるといわれています。抜けた毛がまた生えてくる際、短い時期があり、その時にあほ毛になることがあります。

これは自然なことですし、一定数は起きることなので、気にしないようにしましょう。

切れ毛

切れ毛は主に、過度のブラッシングや、髪を無理やりとかすことによって起こります。また、髪のダメージが多い場合や、乾かさないで寝てしまうことによっても起こります。
この切れ毛は短いわけですから、当然あほ毛になりやすいというわけです。

対策は、ブラッシングの仕方を見直す。髪のダメージに気を遣う。乾かして寝る。
当たり前ですが、これを意識することによって数は減るでしょう。

そこまでしか成長しない毛

健康な髪を伸ばし続けると、平均で腰のあたりまで伸びるといわれています。

まつ毛を想像してください。

個人差はありますが、まつ毛は一定以上長くなることはありません。まつ毛も髪の毛も、一定の長さになると抜けるという事ですね。
しかし、頭皮ダメージや加齢、ケア不足によって「短いのに抜けてしまう」という事が起こることがあります。この症状を「異常性脱毛」といいます。
これが増えるとあほ毛が増えてしまいます。

対策は、頭皮ダメージがある場合はその軽減をする。(炎症を抑えたり、紫外線対策)
加齢やケア不足によるものは、育毛剤の使用と頭皮マッサージが効果的です。

いかがでしたか?

もし原因に当てはまるものがあれば、ぜひ改善策をとってくださいね!髪が伸びるのを待たなければならないため、すぐに効果は出ませんが根気よく続けてください☆

Writer Takuro Ishibashi

大手サロンのトップスタイリストを経て2014年東伏見駅にて美容院soy-kufu(ソイクフ)を起ち上げる。同年に「ビスポークスタイル」という対話形式のカウンセリングを確立させ、さらには「non wetting cut」という濡らさずに切るオリジナルカット技法も確立。技術力の高さから武蔵関、西武柳沢をはじめとした遠方からの顧客も多く、リピート率は90%を超える人気オーナースタイリスト。
~似合う髪型になれる「3つの法則動画」~
東伏見駅徒歩1分の美容院SOY-KUFU(ソイクフ)のオフィシャルホームページです。赤色の下記バナーをクリックするとホームページに飛びます。