美容院で切ったみたいな仕上がりに?自宅でできる、子供の前髪の切り方 

美容院で切るみたいに、自宅でも子供のカットがしたい!もしくは、いつも切ってるけどいまいち上手くいかない。。。
そう思われたことはありますか?

石橋
基本的には「上手に仕上がる」までに「慣れ」は必要です。最初はうまくいかないかもしれませんが、自宅でお子様のカットができるコツをお教えします。

道具をそろえる

お子様をカットする場合、工作ばさみなどでは切らない方がよいでしょう。ほとんどの場合、髪がハサミから逃げてしまい、うまく切れません。大手雑貨店などで自宅カット専用の≪ハサミ&すきばさみ≫を売っています。まずはそれを購入しましょう。

すきばさみを選ぶには注意が必要です。クオリティの低いすきばさみでカットした場合、髪がひっぱられ痛いとお子様が感じてしまい、最悪髪をカットされる事が苦手になってしまいます。
基本的に価格が高い方がひっかかりは少ないですが、わからない場合は店員さんにアドバイスを求めましょう。

乾かして切る

髪は乾いた状態のほうが視覚的に短くなります。なぜなら乾かすと癖が出たり、根元が浮いたりするから。濡れた状態でちょうど良ければ、乾けば短くなる可能性が高いというわけです。以上の点から、乾いた状態でカットすることをお勧めします。

長めに切る

「これだとちょっと長いかな?」と感じるぐらいでカットを終了させましょう。カットをしていると、くしでとかしているので、髪がきれいに整い長く見えやすくなります。翌日になると自然な癖が出て、丁度よくなっている事が多いでしょう。

少し切る

カットは、髪を沢山切ろうとするほど、難易度が上がります。髪が伸びきる前に、こまめにカットすることが精度を上げる一番の近道です。

ちょっと持ち上げてハサミで切る

左手で髪を持ち、おでこから少し浮かせた状態(約2から3センチ)でカットするとよいでしょう。できれば、ハサミを縦に入れるのが良いですが、難しければ普通にカットして構いません。

その時に1つ注意点。左手で持っている髪の毛を引っ張りすぎないようにしましょう。引っ張ると、切った後に思ったよりも短くなる可能性があります。引っ張った方が切りやすいですが、引っ張りすぎは失敗のもとです。

すきばさみ登場

やり方はハサミと同じです。おでこから、やや浮かせた状態で使用してください。できるだけ毛先だけをすく感じで、やりすぎないようにするのがポイント。すきばさみもハサミなので、やりすぎると短くなってしまいます。ハサミ同様、縦に入れられればベストです。

黒目の外側ぐらいを目安に切る

前髪の形の種類はいくつもありますが、一番簡単なのは「黒目の外側まで切る」事です。明確にどこまで切るかを決めることで、失敗が少なくなります。また、前髪がワイドになればなるほど難しいので、広げるにしても「目尻まで」にした方が無難でしょう。

迷ったら切らない

「ちょっと左が長いかな?」「もう少し切った方がいいかな?」等、迷ったらそこでカットをやめましょう。多くの場合は、ここで切りすぎることが多いようです。あらためて翌日見て、長ければ切りましょう。翌日であれば客観的に見られるので、失敗も少なくなります。

いかがでしたか?
いくつかコツを書きましたが、これを意識すれば比較的うまくいくと思います。刃物なので、くれぐれも注意してくださいね☆

Writer Takuro Ishibashi

大手サロンのトップスタイリストを経て2014年東伏見駅にて美容院soy-kufu(ソイクフ)を起ち上げる。同年に「ビスポークスタイル」という対話形式のカウンセリングを確立させ、さらには「non wetting cut」という濡らさずに切るオリジナルカット技法も確立。技術力の高さから武蔵関、西武柳沢をはじめとした遠方からの顧客も多く、リピート率は90%を超える人気オーナースタイリスト。
~似合う髪型になれる「3つの法則動画」~
東伏見駅徒歩1分の美容院SOY-KUFU(ソイクフ)のオフィシャルホームページです。赤色の下記バナーをクリックするとホームページに飛びます。