美容院でも黒染めは難しいという事実。濃いカラーリングで気をつけるべきこと

髪に黒染めをしたことはありますか?自分でやった方、友達にやってもらった方、美容院でやった方。色んなパターンがありますよね。

石橋
もしあなたが、「黒くするだけだから簡単」と思っていらっしゃればそれは非常に危険です。

黒染めは難しい

カラーリングは明るい髪を暗くする時に濃い色を使います。その色が濃ければ濃いほど、難しいカラーリングです。それを前提に考えると、黒染めは最も濃い色のカラーリング。実は美容院でも難しい施術ということになります。

なぜ難しいのか?

濃い色のカラーリングは、均等に塗らないとムラになりやすい特徴があります。さらに本来、毛先と根元の塗る量の変化や、時間差をつけなければなりません。もしこれを考えずに施術した場合、

「毛先だけしっかり黒く染まってしまった」ということになってしまいます。

染めた色はカラーでは明るくならない

いったん濃く染めた髪色は、カラーリングでは明るくなりません。明るくするにはブリーチの力が必要になります。
ブリーチは難易度が高く、この場合さらに、黒染めとの掛け算になってしまうので、
黒染めを明るくする場合は、必ず美容院での相談が必要です。そしてきれいに仕上げるには、【半日から1日作業】になります。ただし完璧を求めない場合は、いろんな方法があるので、担当美容師に聞いてみてください。

次回以降のカラーに影響がでる

例えば1年前に黒染めをした場合、1年後でも髪の毛に色素が残っていることがほとんど。これを考えて施術をしないと希望の髪色にはなりません。

いかがでしたか?
髪を黒くするのは、それなりのリスクがともないます。次回や今後のカラーリングプランを、美容院で相談することがとても大切ですね。濃い色のカラーリングに限ってことではないですが、美容院でのカラーをお勧めします☆

Writer Takuro Ishibashi

大手美容院のトップスタイリストを経て2014年東伏見駅にて美容院soy-kufu(ソイクフ)を起ち上げる。同年に「ビスポークスタイル」という対話形式のカウンセリングを確立させ、さらには「non wetting cut」という濡らさずに切るオリジナルカット技法も確立。技術力の高さから東伏見はもちろん、武蔵関、西武柳沢をはじめとした遠方からの顧客も多く、リピート率は90%を超える人気美容院オーナースタイリスト。
~似合う髪型になれる「3つの法則動画」~
東伏見駅徒歩1分の美容院SOY-KUFU(ソイクフ)のオフィシャルホームページです。赤色の下記バナーをクリックするとホームページに飛びます。