美容院での髪色と、家での髪色が違うのはなぜ?

美容院と家で見る髪色って違うな。。。
普段は全く思わないのに、写真で見ると自分の髪色が明るくてびっくり!!
家で見ると、「赤みがあるなー」と思うのに、職場だとそんなに感じない。

石橋
そんな経験はありませんか?
今日はヘアカラーの色味が変わって見えてしまう理由を書きたいと思います。

光の色と反射の色

色には2つあります。
電球や太陽のようにそのもの自体が光を放って色を感じるものと、光を受けそれを反射して見える色です。
それ自体が光を放たないものは、真っ暗な場所では、色を感じることができません。
月明りなどの少しの光の場合も、形はわかっても正確な色はわからないでしょう。

 

葉っぱが緑に見えるのは、光の波長の緑だけを反射しているからです。
リンゴが赤に見えるのは、光の波長の赤だけを反射しているからです。
その他の色は吸収してしまい、それぞれの色に見えるというわけです。

 

光の強さ

ヘアカラーの色もそれ自体は光を発していないので、反射の色ということになります。
太陽の光と、室内の光は、太陽の光のほうが明るいですね。普段鏡の前に立つときは、室内が多いはず。室外で撮った写真を見たときに、髪の色が明るく見えてしまうのは、太陽によって光の量が多く、より反射しているからなのです。

光の色味

蛍光灯と白熱電球の色味を思い出してください。蛍光灯は白っぽく、白熱電球はオレンジっぽいですよね。職場などの室内は蛍光灯が多く、家庭の洗面所は白熱電球が使われていることが多いでしょう。

反射の色は光の色味を反映するので、同じものでも違う色味に見えてしまいます。ヘアカラーの色も白熱電球では暖色寄りに、蛍光灯では寒色寄りに見えるはずです。
これによって家で見た時のカラーの色と、職場で見た時のカラーの色が違うわけです。

ちなみにスーパーなどでは食品を鮮度良く見せるために、このような光の効果を使っていたりもします。

いかがでしたか?
どんなに明るいカラーをしても真っ暗な部屋で色を感じることはできませんよね。室内なのか室外なのか、どの光の下でベストな状態になっていたいのかがヘアカラーは非常に重要です。しかし、それだけふり幅があるということなので、その場所によっての色味を楽しむという感覚もあった方がよいですね☆

Writer Takuro Ishibashi

大手美容院のトップスタイリストを経て2014年東伏見駅にて美容院soy-kufu(ソイクフ)を起ち上げる。同年に「ビスポークスタイル」という対話形式のカウンセリングを確立させ、さらには「non wetting cut」という濡らさずに切るオリジナルカット技法も確立。技術力の高さから東伏見はもちろん、武蔵関、西武柳沢、保谷をはじめとした遠方からの顧客も多く、リピート率は90%を超える人気美容院オーナースタイリスト。
~似合う髪型になれる「3つの法則動画」~
東伏見駅徒歩1分の美容院SOY-KUFU(ソイクフ)のオフィシャルホームページです。赤色の下記バナーをクリックするとホームページに飛びます。