美容の大敵!静電気と髪の関係

乾燥の季節に多い悩み「静電気」
実は、髪や頭皮にも悪影響があることをご存知でしたか?

石橋
静電気がどのような影響を与えるのかについて、書きたいと思います。対策もあるのでご覧ください。

「静」電気なのになぜ?

漢字ではおとなしいように見える静電気。なぜ「バチッ」となるのでしょうか?
地球上のすべての物質は電気を帯びています。(帯電)髪も例外ではありません。
実はその状態を静電気といいます。

衣類を脱いだりした時に「バチッ」となることを「静電気が起きた」といいますが、正確には「静電気による放電現象」です。
いわば「小さな雷」ですね。
この作用が静電気を感じる瞬間です。

体内から空気中に放電されると、静電気はなくなっているというわけです。
また、静電気は水分を通じて放電されます。乾燥の季節に静電気が起きやすいのは、このためなんですね。

髪や頭皮への悪影響

静電気が起きる(静電気による放電現象)と、髪表面にあるキューティクルが剝がれやすくなります。
その結果内部のたんぱく質が流出しやすくなり、ダメージにつながります。

また、静電気はチリやほこり、ウイルスや雑菌をよせつける作用があります。その結果、頭皮環境にも悪影響を及ぼします。

昔、下敷きでわざと静電気を起こして遊んだ事はありますか?その時に細かいチリなどは、下敷きにくっついていたと思います。それに近い状態になるので、頭皮に対しても良くないというわけです。

ケア方法

1.加湿

上記したように静電気は乾燥していると起こります。具体的には、湿度が35%以下になると発生するので、加湿器を使い50から60%に保つのが理想でしょう。

2.オイル系の洗い流さないトリートメント

オイル系の洗い流さないトリートメントは髪表面をコーティングしてくれるものが多く、髪を乾燥から守ってくれます。いつもよりも少し多めに塗布するとよいでしょう。特に毛先は乾燥しやすいので、しっかりとつけることが大切です。

3.ブラシやくしにこだわる

プラスチックやポリエステル製は帯電しやすく、静電気が発生しやすいのでNG。おすすめなのは、木のブラシやクシです。カーボン製も良いですね。最近では、静電気を発生しにくく加工してあるブラシ類も出ています。

いかがでしたか?
まずはお風呂でしっかりとトリートメントをして、保湿することが大事。
これを機会に静電気対策をしてみてはいかがでしょうか?

Writer Takuro Ishibashi

大手美容院のトップスタイリストを経て2014年東伏見駅にて美容院soy-kufu(ソイクフ)を起ち上げる。同年に「ビスポークスタイル」という対話形式のカウンセリングを確立させ、さらには「non wetting cut」という濡らさずに切るオリジナルカット技法も確立。技術力の高さから東伏見はもちろん、武蔵関、西武柳沢、保谷をはじめとした遠方からの顧客も多く、リピート率は90%を超える人気美容院オーナースタイリスト。
~似合う髪型になれる「3つの法則動画」~
東伏見駅徒歩1分の美容院SOY-KUFU(ソイクフ)のオフィシャルホームページです。赤色の下記バナーをクリックするとホームページに飛びます。