夏受けたダメージのケア方法を東伏見の美容院がご紹介!

こんにちは、隅です。

先日肩にあたるぐらいのボブスタイルを
すっきり鎖骨ボブにカットさせていただきました!

Processed with MOLDIV

肩にあたってハネる長さを通り越しているので
つやっとまとまってくれる長さになります(^^)

どうせなら楽して綺麗にまとまってくれた方が
嬉しいですよね(^^)
楽にまとまってくれる秘訣としては
お風呂からあがって髪をすぐ乾かす
根元をおこすように乾かす
なぜかというと、根元が頭皮に沿ってぺったりしていると
どうしても毛先がハネてしまう為です

またクセではねてしまうものは
クセで曲がっている方とは逆の向きに引っ張りながら
乾かし ブローしてあげるとうちに入ってくれます。

根元の向きがとても大切になってきます。
なので寝癖がついてしまったとき、直すときは
根元をしっかり濡らして毛穴を消すように乾かしてあげると
寝癖が治ります!
なんとなく寝癖を直すときははねている毛先を
濡らしがちなのですが根元を濡らしてあげると良いです(^^)

乾かすだけでも自然と内に入ってくれるのですが
アイロンでさらっと内にいれてあげると
ツヤ感も増し広がりも大だいぶおさまるのでオススメです(^^)
またアイロンはダメージしてしまうんじゃないか・・っと思われる方
多くいらっしゃるとおもいます。
まさにその通りでアイロンをあてればあてるほどダメージ
してしまいますし また低温でも何度も同じところを何度も何度も
とおしてしまうとそれもダメージしてしまうので気をつけましょう!
一番のオススメは標準温度180度ほどでワンスルーがオススメです!

また今の季節、夏あびた紫外線の蓄積が爆発し髪にダメージをとても
感じる季節です。。。

普段のケアとプラスでしっかりしてあげることをオススメします!

夏受けたダメージのケア方法

トリートメントは毎日つける!
いがいと一週間に一度トリートメントをする方が多いのですが毎日してあげましょう!
髪は死滅細胞なので自己回復してくれません。
死滅細胞なのでしんでいるのでそのしんでいるところの上からカラーやパーマをするとよりダメージしてしまうっとなんとなくわかりますよね、、なので本当に重要です(^^)

洗い流さないトリートメントは必ず乾かす前、濡れた状態の時に付ける。
髪は濡れているとき、キューティクルが開いている状態ですその瞬間が一番内部に入ってくれます(^^)
全体につけて、髪は10万本あるので手でつけると
ついていないところとついているところが出てきてしまうので粗目のコームでとかしてあげると良いです(^^)

サロントリートメントをする!
美容院ですることのできるサロントリートメント、
市販のものとは効果が全く違います。
市販のものはつやつや成分がはいっていて手触りよくなるようなものが多いのですが
サロントリートメントが内部補修の効果がとても高く
内側からしっかり補修してくれます。

またしっとりダメージケア用の商品を使う!
これも市販のシャンプーとサロンシャンプー、とても効果がちがいます!!
その中でも ルベルさんのシーソー というシャンプー剤がオススメです。

Processed with MOLDIV

市販のシャンプー剤はセラミドという保湿成分が1つしかはいっていないのですがこのシャンプー剤はセラミドが3種類入っているのでとても保湿効果が高いです(^^)また髪表面に層を二層つくりその層に光が当たり反射しツヤにみせてくれるので保湿してくれてダメージケアしてくれてダメージで乾燥しぱさぱさな見た目がその層のおかげでツヤが出てぱっとみの印象がとても変わるのでオススメです(^^)/

なのでどうケアするのかがとても重要となってきます。是非参考にしてみてください(^^)

Writer Yuka Sumi 


専門学校時代、技術能力試験 カット部門 第3位!現在カット技術極め中です☆彡 服飾の資格を取得しており趣味はお洋服作りです* ファッション、ヘアなどトータルで可愛いをご提案できるよう勉強中です☆
~似合う髪型になれる「3つの法則動画」~
東伏見駅徒歩1分の美容院SOY-KUFU(ソイクフ)のオフィシャルホームページです。赤色の下記バナーをクリックするとホームページに飛びます。