オイルとムースの正しい付け方を東伏見の美容院がご紹介!

こんにちは、隅です!

もう二月も終わりますね。。!!
あっという間に終わってしまいますね。。!!

さて引き続き乾燥の季節ですが
皆さまケアはしっかりされていますか??
しっかりケアされていると思うのですが
唇のケアはいかがですか??
リップを塗ってケアはされていると思うのですが
リップをことあるごとにつけるもの面倒ではないですか??
数日に一回集中ケアで唇のパックをしてあげて
固い角質を柔らかくしリップの保湿成分がしっかり入る
ようにしてあげると変わると思うので是非お試しください!

本日はスタイリング剤別、髪への正しい付け方をご紹介致します!

オイル

正しい使い方をしないとべたべたしてしまい
髪をあらってない人になってしまいます
表面がギトギトしたような感じになってしまうので
それは避けたいですよね。!

500円玉ぐらい手に出していただき
髪の内側から手ぐしでとかすように
つけてあげるとよいです!
表面からつけてしまうとベタっとついてしまうので
必ず内側からつけてあげましょう!!
一番手の表面にオイルがついている状態で
一番最初に触るところがどうしても一番ついてしまうので
できるだけ表面は一番最後につけてあげるのが良いです!
なので一番最初に内側からつけて最後手の間に残ったオイルを
表面に付けてあげると良いです!
その時のつけ方ですがこの時も手を通すような感じで
手を通しササッとつけてあげると良いと思います!
また前髪に付ける時も同様です!
髪の量が少ないのと短いので全体よりもだいぶべたっとついてしまう
ところなので全体つけて表面をつけてその後に前髪につけて
あげると良いです!その時、オイルを足さずに手に残った
オイルを手で通すようにつけてあげると良いです!
あと全体もですが毛先についていると束感がでて可愛いので
最後に毛先をつまむような感じでつまみつけるような感じで
つけてあげると可愛く仕上がると思います!
付け方は本当に簡単なのでつける場所の順番を間違わなければ
大丈夫かと思います!

ムース

パーマをされている方がよくつける、なんてイメージがある
スタイリング剤です。

その通りで水分を含んでいるスタイリング剤になりまして
パーマは水でぬらすとパーマが復活するということで
カールをしっかり出したい方がよくつかわれます!

まず手のひらにみかん大ぐらい出してあげて下さい!

そして付ける前に髪を濡らしてあげるとよりよく
ついてカールもでます!
なのでスプレイヤーに水を入れべちょべちょにはしなくても
いいのですがある程度濡れているかな~ぐらいで大丈夫
なのでぬらしてあげましょう!

付け方ですがこれは特に気にすることは
ございません!
表面でも内側からでもどちらからでも
つけて大丈夫です!
付ける位置や範囲ですが全体に付けましょう!
ただし根元付近にはいりません。
ですがカーリーヘアーといってくるくるのちょっと個性的なスタイル
があるのですがその場合は根元付近からカールがあるスタイルなので
それはその部分にもしっかりお付けください!
パーマがかかっているところやカールをしっかり出したいところには
しっかりつけてあげてください!
またトップにボリュームを出すタイプのパーマスタイルに
ムースは好ましくなくそこはワックスやワックスとエタノールが混ざった
ような軽めのスタイリング剤をつけてあげると良いかと思います!

そしてムースを付けた後に自然乾燥でも全然いいのですが
ドライヤーで温風をあてて乾かしてあげてもいいです。

今回はオイル、ムース編をご紹介致しましたが
次回はワックス編のご紹介致します!

是非お試しください(^^)/

Writer Yuka Sumi 


専門学校時代、技術能力試験 カット部門 第3位!現在カット技術極め中です☆彡 服飾の資格を取得しており趣味はお洋服作りです* ファッション、ヘアなどトータルで可愛いをご提案できるよう勉強中です☆
~似合う髪型になれる「3つの法則動画」~
東伏見駅徒歩1分の美容院SOY-KUFU(ソイクフ)のオフィシャルホームページです。赤色の下記バナーをクリックするとホームページに飛びます。