綺麗な髪を伸ばすために!

こんにちは!

山田です。

サラサラロングは女性の憧れ!

でもそこまで綺麗に伸ばすのは結構大変ですよね。

そこで綺麗に伸ばすためのポイントをお伝えしていきます!

Rule 1. その3mmが重要。定期的な“メンテナンス”カットを。

ほんの3mm程度毛先を切る「メンテナンスカット」。
このカット手法で丁寧に調整すれば、髪の長さを保ちながら、ストレスやヘアアイロンなどの外的ダメージがもたらす枝毛を取り除くことができます。
枝毛を放置していると、厄介な枝毛が毛幹深くまで進行する場合もあるので怖いですね。
髪の毛を綺麗に保つためには、1年間に最低3回はメンテナンスを行うことが重要です。

Rule 2. 意識的にヘアクレンジングを。

シャンプー&コンディショナーやクレンジング用コンディショナーを選ぶときには、サルフェート(硫酸系界面活性剤)フリー処方で、水分を奪い過ぎないものを。
血流を良くし毛包を刺激することが髪の成長を促してくれるので、頭皮をマッサージしながら泡立てください。
お店でも、”炭酸スパ”を行なっているので定期的にするのがいいですね!

Rule 3. 週1回のディープコンディショニングやスペシャルケアを取り入れて。

ディープコンディショニングやトリートメントを週1回程度行うことのは大事です。
塗り方にもコツがあります。
毛先は最もエイジングが進み、乾燥する部分です。髪の中でも毛先はより繊細で傷つきやすいため、特別に優しくいたわることでダメージを最小限に抑えることが出来ます。

Rule 4. 食事もコントロール。

髪にとって最も良い食事は、一般的な意味での最も健康的な食事でもあります。
加工されていない自然食品をベースにしたものや、野菜中心の食事などです。
さらに、鉄分、亜鉛、ビタミンC、ビタミンB群、オメガ3が豊富な食べ物がより強く長い髪の毛と関係しています。
髪の構成要素であるタンパク質が豊富なオイスター、二枚貝、豆類、卵、またビタミンCが豊富なピーマンや緑の葉物野菜、およびオメガ3系脂肪酸が豊富なヘンプシードや天然のサケなどがおすすめ。

Rule 5 シルクの枕カバーで寝る。

枕カバーの素材選びも実は、美髪になるための重要なポイントなんです。
コットンは髪の水分をたくさん吸収してしまいます。
髪の水分をキープしながら摩擦を減らし、ダメージを少なくしてくれるシルク製の枕カバーがおすすです。

Writer MIKI YAMADA 



1店舗を経て2018年Soy-kufu入社
シャンプー・スパ自信あります✨
お休みには美術館巡りやホットヨガに通ったりなど
アクティブ派です!
~似合う髪型になれる「3つの法則動画」~
東伏見駅徒歩1分の美容院SOY-KUFU(ソイクフ)のオフィシャルホームページです。赤色の下記バナーをクリックするとホームページに飛びます。