紫外線のマニアックな知識!東伏見の美容院がご紹介

こんにちは、隅です。

先日スッキリショートスタイルにカット
させていただきました。
トップに動きがでるようにさせていただきました。
軽々しく動きも出て素敵です(^^)

やはりこの季節はすっきりされる方が多いですね(^^)
とても季節を感じます。。!
もうあっという間に夏ですね・・!
5月7月はもっとも紫外線量が多いので気を付けて
対策してあげてください(^^)

本日は紫外線のマニアックな知識をご紹介します!

紫外線の特性

エネルギーが最も強いのは夏季の頃(6/20)であります。
六月は梅雨の影響で量は少ないが要注意です;。
紫外線量が最も多いのは7月と5月に次いで8月です。

B波については4月が7月と同じ量がふり注ぎます。
午前10時~2時の間が一番紫外線量が多いです。
紫外線は雲を突き抜けます。またガラスにも透過します。
紫外線は反射します。例えば雪面、海面、壁面、道路、砂浜、芝生など反射します。

紫外線の害

→光老化 これが全体の8割を占めています

角質層を厚くする
バリア機能を弱めます
メラニン色素を再黒化する
表皮細胞にダメージを与える
DNAを傷つける
皮膚がんを起こす
免疫力の低下
活性酸素を発生する
結合組織を退化させます

活性酸素とは普通の酸素が活性化されて不安定で反応
しやすくなった酸素分子のひとつです。
それも非常に不安定なために周辺の物質と結びついて
激しく化学反応を起こします、
言い換えると痛めつけていることになります
好んで痛めつけるのが脂肪です。
そのため細胞や細胞膜、さらには生物にとってもっとも
大切な以前情報を貯えるDNAを攻撃します。
これが老化やがんの原因となります。

活性酸素の発生原因

・紫外線
過食
食品添加物
ストレス
怒り、不安
薬 農薬
たばこ
炎症
アルコール
排気ガス
白血球の活動
電磁波
過激な運動

活性酸素が起こす病気

がん
心筋梗塞
糖尿病
脳卒中
白内障
痛風
アトピー
シワ シミ

肌の老化は活性酸素が起こす

皮膚には常に活性酸素の攻撃にさらされています
皮膚は活性酸素除去酸素のSODが少ないのです・・!!

しっかり発生してしまう原因をつぶしていかないと
とても悪影響なことがたくさん起きてしまいます・・!!

また、よし美容に気をつかおう!と思い、
まずなにからはじめたらいいのだろう??
と、思いませんか?

絶対に抑えておきたい美容6訓をご紹介いたします!!

紫外線を徹底して避けましょう

AM10時~2時の外出を控える
曇りの日でも紫外線対策を忘れずに
ビルや道路の反射光に注意
秋冬の弱い紫外線にも要注意

胃腸、肝臓の調子を整えましょう

胃腸の弱い方は、冷たいもの、生もの、固いもの
炭酸飲料、アルコール、刺激物を控え、よく噛んで食べましょう

肌をつくる栄養のバランスをとりましょう

炭水化物。脂肪、ビタミン、ミネラルの栄養素を
バランスよく摂りましょう 食事は腹8分目に控え
インスタントや加工食品は控えましょう

便通をよくしましょう

水分とセンイ質を多く摂り、適度な運動を行いましょう
繊維質を多く含む食品
ひじき、かんぴょう、野菜、果物

十分な睡眠をとりましょう

入浴は睡眠の三時間前にぬるめの湯にゆっくり入り睡眠前には
アルコールを少し飲む等、気持ちをリラックスさせましょう。
また寝具や照明も工夫しましょう

ストレスをためないようにしましょう

趣味やスポーツを楽しむ等、こまめに気分転換をはかり
リラックスする時間をつくりましょう!

Writer Yuka Sumi 


専門学校時代、技術能力試験 カット部門 第3位!現在カット技術極め中です☆彡 服飾の資格を取得しており趣味はお洋服作りです* ファッション、ヘアなどトータルで可愛いをご提案できるよう勉強中です☆
~似合う髪型になれる「3つの法則動画」~
東伏見駅徒歩1分の美容院SOY-KUFU(ソイクフ)のオフィシャルホームページです。赤色の下記バナーをクリックするとホームページに飛びます。