紫外線が与える皮膚や髪へのダメージを東伏見の美容院がご紹介!

こんにちは、隅です!

今日はなんだかお天気がよく過ごしやすいですね^ ^
今日から学校やお仕事がはじまる方が多いのではないでしようか?
お正月はゆっくりお休みになれましたか^ ^?
年も明けあっという間に春に近づいてきますが紫外線が気になってくる季節ですよね😳
紫外線対策はされていますか??
実は紫外線は3分お外にいるだけでもうお肌に浸透してしまうのです😳!
なのでお外で洗濯物干すだけの間でも紫外線が浸透し日焼けやダメージを与えてしまっている程デリケートなものです!

実は紫外線にも種類があります!

紫外線は、大きく分けて3つあり波長の長さが違います!C紫外線とB紫外線、A紫外線がありCは波長が短く吸収され地肌には浸透しまいまして浸透しません、B紫外線は一部は吸収され少し影響を及ぼしA紫外線は波長が長いので影響を及ぼします。Bの一部とAが影響を及ぼします。

肌は紫外線を浴びると角層や表の皮膚で反射したり錯乱したりメラニン色素により防いでいます。しかし大量に浴びたり長時間浴びることにより日焼けを起こしたりさまざまなダメージを与えてしまいます。

紫外線が与える髪のダメージ

カラーやパーマしてない人でもがごわつく、パサつくといったダメージを感じている人もいらっしゃると思いますがこれは紫外線によるダメージです。
カラーやパーマをしている方は化学的なダメージの他に紫外線や静電気の環境的なものでダメージもしてしまっているのでしっかりケアする必要があります★

ダメージのケア方法

ヘアカラーやパーマをくり返すと髪の内部にダメージが発生した髪は、髪内部の水分が低下し乾燥しパサついたなと感じるようになります。またドライヤーで乾かしすぎてしまうとオーバードライと言ってダメージしてしまいます。違ったブローを行うと、表面のキューティクルがはがれてしまったりブローを何回も繰り返ししてしまうと熱が当たり過ぎてしまいそれもダメージに繋がってしまいます。
ブローがやりづらいな、、と思われる方はドライヤーのスイッチを入れずに練習するとスムーズかと思います^ ^

また乾燥をしてしまうのでしっとりしたご自身の髪質にあったシャンプーやトリートメントを使って、髪にうるおいを与えると良いです!また乾かす前に洗い流さないトリートメントなどを使いましょう!髪は10万本あるので手だけではまばらになってしまうので粗めのコームでとかしてあげると髪1本1本に栄養が行き渡るのでひと手間になってしまうのですがやってあげると結構変わります★またコームでひっぱりすぎたり過度な刺激や摩擦を与えないように気をつけてください!

頭皮の日焼け対策!

一方、頭皮は日やけすると、頭皮がダメージしてしまうので防止しましょう★

髪を紫外線から守るには長時間浴びる場合は、事前に紫外線防止効果のある洗い流さないトリートメントや日焼け止めスプレーを剤をつけると良いです!

また帽子や日傘も効果的なのでお外に出る際意識してみましょう!

また頭皮が日やけしてしまった場合には、育毛料や頭皮用の化粧水を使って頭皮環境を整えケアをしたりヘッドマッサージをして新陳代謝を高め血行を流してあげると良いです!

紫外線には気をつけてしっかりケアしてあげましょう★

ありがとうございました!

Writer Yuka Sumi 


専門学校時代、技術能力試験 カット部門 第3位!現在カット技術極め中です☆彡 服飾の資格を取得しており趣味はお洋服作りです* ファッション、ヘアなどトータルで可愛いをご提案できるよう勉強中です☆
<a
Instagram▶︎スタイル写真沢山掲載中☆ミ

Twitter▶︎@y_isaramao

~似合う髪型になれる「3つの法則動画」~
東伏見駅徒歩1分の美容院SOY-KUFU(ソイクフ)のオフィシャルホームページです。赤色の下記バナーをクリックするとホームページに飛びます。