知ってる??リンス、コンディショナー、トリートメントの違い

美容院でお客様からよくいただく質問があります。

それはリンス、コンディショナー、トリートメント。この3つについて、

お客様
「違いがよくわからない」「どれを使うのがいいの?」

という質問。

リンス

髪の表面に被膜を作り、手触りをよくしたり艶を出してくれます。内部に浸透するものではないので、時間をおいても効果は変わりません。

トリートメント

髪のダメージの修復を行ってくれます。失われた髪のタンパク質や油分を補います。5分から10分時間をおくと髪に浸透し効果がアップします。被膜を作る効果もあるので、トリートメントをすればリンスは必要ありません。

コンディショナー

リンスとトリートメントが混ざっている中間の効果の場合と

リンスやトリートメントの事をこのコンディショナーという表記で表している場合。

この2つに分かれます。

どれを選べばいいのか?

現代人の髪は何かしらのダメージがあるので、トリートメントと表記されているものを選べば間違いないでしょう。

なぜならトリートメントには髪の修復能力がありますし、リンス効果もあるから。

コンディショナーは、リンス要素が強い場合があるので、同じ手間をかけるのであればトリートメントを選ぶのが安心といえます。

いかがでしたか?

バスグッズを買う時の参考にしてくださいね☆

Writer Takuro Ishibashi

大手サロンのトップスタイリストを経て2014年東伏見駅にて美容院soy-kufu(ソイクフ)を起ち上げる。同年に「ビスポークスタイル」という対話形式のカウンセリングを確立させ、さらには「non wetting cut」という濡らさずに切るオリジナルカット技法も確立。技術力の高さから武蔵関、西武柳沢をはじめとした遠方からの顧客も多く、リピート率は90%を超える人気オーナースタイリスト。
~似合う髪型になれる「3つの法則動画」~
東伏見駅徒歩1分の美容院SOY-KUFU(ソイクフ)のオフィシャルホームページです。赤色の下記バナーをクリックするとホームページに飛びます。