梅雨の時期に大切なヘアケアを西東京市東伏見の美容院がご紹介致します。植野

こんにちは!!アシスタントの植野です!

湿気と髪の関係!!

湿気が高くなると、髪質によっては変化が生じます。
たとえば、もともとくせ毛の人は、髪が広がる、うねるなどの悩みを抱えるようになります、普段よりもくせがひどく出てしまうのです。髪の毛と湿気にはどのような関係があるでしょうか?

髪の毛には、通常約11~16%の水分があるといわれています。湿気が高いと髪へ水分が吸い込まれて髪の毛が膨張してまっすぐな状態を保てないのです。

特にダメージを受けているとタンパク質が不足し、髪の内部がいびつになってしまいます。結果としてよりくせが出やすいのです。広がり・うねりを抑えるヘアケア術 ホームケア編
湿気による髪の毛の広がりやうねりを抑えるためのポイントはドライです。

基本は髪を洗ってからすぐに髪の毛を乾かすようにしましょう。
根元から広がりをつぶすようなイメージで、風を当てて生きます。上から風を当てるとキューティクルがしまって、癖がつきにくいです。

乾かす前になったらオイルをつけます。
このときに気をつけたいのはオイルは耳より下につけるということです。お勧めのオイルはテクスチャーの軽い椿オイルやアボガドオイルなどです。特に毛先につけましょう。

そして、7~8割乾いたところで、ブローを始めます。仕上げは冷風でしっかりと水分を飛ばすことです。最後にはいつもよりも多めにブラッシングをしましょう。ブラッシングをすることで、水気を飛ばすことができます。

朝にブローした形をキープしたいのであれば、セミハードタイプのスプレーを一振りしましょう。これによって髪の毛がコーティングされます。湿気が髪の毛に入り込むのを防ぎます。
髪が傷いでいると、髪の毛の断面の傷から水分が入りやすくなります。つまり髪の毛が痛んでいる人ほどこそ、湿気にまつわるトラブルに見舞われる率が高いのです。

よって湿気の高い時期にはなおさら、ダメージケアを欠かさないようにしましょう。
いつもよりも多めのトリートメントを使用する、ヘアパックをするなどの工夫をして、ダメージを減らすようにしましょう。洗い流さないトリートメントなども有効なアイテムといえます。

Writer Yoshihisa Ueno

2017年 広島美容専門学校 卒業

ホームページ

instagram
Twitter
LINE

~似合う髪型になれる「3つの法則動画」~
東伏見駅徒歩1分の美容院SOY-KUFU(ソイクフ)のオフィシャルホームページです。赤色の下記バナーをクリックするとホームページに飛びます。