春夏へ向けてのBeauty エクササイズ☆

こんにちは、山田です♪

突然ですが、バレリーナってキュッとしなやかなお腹、くびれのイメージありますよね?
そんな理想BODYを手に入れるためのエクササイズ方法をお伝えさせて頂きたいと思います!

【Warm-up】
うつ伏せで揺らしてほぐす。

本格的なエクササイズの前にウォームアップで骨盤を正しい位置にしていきます。
うつ伏せから片膝を曲げ、拝むようなポーズで肘を
床につけて上体を起こします。
この体勢が辛い人は曲げた膝の下にタオルなどを入れてみてください。
息を吸って吐きながら体を横へ倒し、肩を床につけたら元へ戻す。左右に10回繰り返します。

(骨盤を内側へ引き締まると同時にぽっこり下腹をシェイプアップします。)
セルフ骨盤矯正のような効果があります。

肘で床を押すように力を入れ、上体を起こす。
背中をグッと引き込み、しっかり胸を張るのがポイントです☆

【Exercise】
腹筋とウエストにアプローチ

腹筋を使いながら、内腿の内転筋を引き締めることで体のコアを集中的にかつバランス良く鍛えられるのがバレエ特有の「ルノベ」をアレンジした動きです。
つま先で立つときにお腹周りの筋肉に力が入るためスッキリしたウエストを目指します。左右のひねりも加えて脇腹にもしっかりとアプローチをしましょう。

このエクササイズで重要なのが立つ姿勢です。
「上半身は天井から頭を釣られて上へ上へと伸びていくようなイメージで下半身は地面を押すイメージ」で行うと良いです。
このとき反り腰には注意しましょう。
壁に肩から背中、お尻とかかとをぴったりつけて正しいポジションで立てているかチェックすることを出来ます。

step1 「5番」のポジションからスタート

両膝がつくように脚をクロスさせつま先を体の外側へ向けてセットします。前から見ると足の位置が平行に重なって見えるように立つとバレエの基本「5番」と呼ばれる足のポジションになります。
このとき、肩の力を抜いて両手の手のひらを上に向け腕は柔らかくしましょう。

「5番」の立ち方が難しい人は、外につま先の位置をずらしてかかととかかとをくっつけて重ねる「3番」でやってみてください。

step2 バレエのつま先立ち「ルルベ」からひねりを入れる

「5番」ポジションの立ち姿勢から両手を上へ上げながらつま先に。そのまま上半身を左右へ2回ずつひねり、腕を下ろしながらかかとを下ろす。
「つま先立ちになるときにおへその下と背中をギュッと内側へ引き寄せる感じで力を入れると安定します。」

もし両腕を上げられない人はウエストの位置まで下げても大丈夫です。逆に効果を出したい方はひねる回数を3〜5回と増やしてチャレンジしてみてください!

Writer MIKI YAMADA 



1店舗を経て2018年Soy-kufu入社
シャンプー・スパ自信あります✨
お休みには美術館巡りやホットヨガに通ったりなど
アクティブ派です!
~似合う髪型になれる「3つの法則動画」~
東伏見駅徒歩1分の美容院SOY-KUFU(ソイクフ)のオフィシャルホームページです。赤色の下記バナーをクリックするとホームページに飛びます。