女性の敵!目の下のクマ撃退法

こんにちは!

山田です!!

そこにあるだけでガラリと印象を変えてしまう憎き敵、目の下のクマ。
食生活からメイクのテクニックを駆使して、多くの人が抱える悩みを解消出来る方法をお伝えしていきます!

眠れない夜、ストレスの多い1週間など、原因は色々あると思います。
でも見るからに疲れた目は、多くの方の悩みの種だと思います。

目のクマは、遺伝とライフスタイルによる2つの影響があります。

1つ目は、色素沈着です。

色素沈着は、基本的に皮膚の黒ずみのことで、遺伝性の場合と、日光によるダメージにより引き起こされるケースが考えられています。

2つ目の要因は、静脈の拡張です。疲労や季節性アレルギー、食事なども関係して目の下の静脈が拡張すると、静脈はより大きくなり、色もより濃くなってしまうといいます。

自分のクマの原因を突き止める最善の方法として、目の下の皮膚をつまむというテストがあります。

目の下の皮膚をつまみ、持ち上げた時に、皮膚の色が茶色のままであれば、色素沈着が起きている可能性が高いです。

それに対して、皮膚をつまんで持ち上げた時に色がもどれば静脈拡張によるクマです。

そこで気になる対処法です!

1. 食生活を見直す

まず食生活を徹底的に見直すことが、クマ解消の第一歩です。

目のクマを即時に解消してくれる食べ物はありませんが、新鮮な果物や野菜、全粒粉の食品、脂肪分の少ないタンパク質、体に良い脂質をふんだんに摂り入れた、栄養価が高く体内の炎症を抑える食生活を続けることが大事です。
目の周辺を含むクマなど目に見えて改善することがあります。

また、夜のワインや夕食後のエスプレッソを控えることもポイントなんです!

赤ワインやカフェインの消費を減らすと、食生活にわずかな変化をもたらすだけで、目の下のクマを軽減できる可能性が期待できます。

2. 睡眠の質を徹底改善

なんだかおかしな話に感じますが、寝不足だからといって目のクマができるわけではなく、寝不足によって目のクマがより目立ってしまうんです。

クマを軽減するためには、質の良い睡眠を確保することがとても大切になります。

ここでおススメするのが、スマートフォンとタブレットを一日中『ナイトモード』に設定することです。

そうすることで、自然な睡眠周期を乱すと証明されているブルーライトの影響を、最小限に抑えることができます。

3. 日焼け止めを忘れずに

日焼けに起因する色素沈着によるクマを解消するには、日焼け止めを忘れずに塗ることが大切です。

毎日、日焼け止めを塗り、とにかく日焼けを避けることが、目のクマを軽減するのに極めて重要なんです。

目の下の保護とカバーを同時に行いたい場合は、SPF数値の高い、目元用のコンシーラーを選ぶのがおススメです。

4. とにかく禁煙

喫煙と受動喫煙は、目のクマを悪化させることが研究によって証明されています。
太り過ぎであることや、コレステロール値、またはトリグリセリド値が高いことも、クマを悪化させてしまいます。
コレステロール値と中性脂肪値は、食生活の改善や薬物治療、運動によって低下させることが可能です。基本的に、より健康になっていくと目の下のクマも解消されていきます。

5. 有効なスキンケアを

スキンケアも見直してみることが大切です。
有効成分のビタミンCとヒアルロン酸を含む製品が、目の下のクマには一番のおすすめです。

ビタミンCとヒアルロン酸は、ともに肌を明るくするだけでなく、疲れた印象の外見を生き生きと輝いたものに変えてくれます。
ビタミンCは、静脈と皮膚の間のコラーゲンの生成を促し、ヒアルロン酸は、皮膚をふっくらさせるため、クマを目立たなくすることが可能です。

6. クマ隠しメイクをマスター

一瞬で目の下のクマを消すメイクには、ちょっとしたテクニックが必要です。
色の補正が何よりも重要です。

まず、クマの色を確認。
一般的には、暗い青色か灰色であることが多いので、下の色を中和する、暖かいピーチ系のコンシーラーを選びます。
よりピンクや赤に近い色調の場合は、イエローが基調のコンシーラーで中和させることです。

さらに、コンシーラーは軽く塗るのがポイント。

正しい色調のコンシーラーで薄くカバーする方が、たくさん塗って完全にクマを消そうとするよりも、はるかに効果的なんです。

Writer MIKI YAMADA 



1店舗を経て2018年Soy-kufu入社
シャンプー・スパ自信あります✨
お休みには美術館巡りやホットヨガに通ったりなど
アクティブ派です!
~似合う髪型になれる「3つの法則動画」~
東伏見駅徒歩1分の美容院SOY-KUFU(ソイクフ)のオフィシャルホームページです。赤色の下記バナーをクリックするとホームページに飛びます。