保湿するためになぜ化粧水が必要なのか?

こんにちは!
山田です。

うるおいのある肌は適度な水分と油分を含み、みずみずしくハリや弾力もあります。しかし、スキンケアで油分だけを補給すると水分と油分のバランスが崩れてしまい、肌トラブルを起こしやすくなります。
化粧水で肌に水分をたっぷりと与えるケアが必要ですが、化粧水にもたくさんの種類があります。保湿力に優れた化粧水を選び、適切な使用がうるおいのある肌作りへのポイントです。
今回は、化粧水の持つ効果やその種類、適切な保湿の方法についてご紹介していきます。

保湿が重要な理由
うるおいのある肌作りのためには、保湿ケアがとても重要であるという話を聞いたことがありませんか?
保湿は、スキンケアにおいて重要な意味を持っていると考えられています。美しい肌を作るためには、適切なスキンケアについて知ることが大切になります。まずは、保湿の重要性と美肌と保湿の関係について。

・ターンオーバーを正常に保つ
肌は表面から角質層、顆粒層、有棘層、基底層と呼ばれる4つの層で構成されています。一番奥にある基底層では細胞分裂で新しい細胞が作られ、古くなった細胞は肌表面にどんどん押し上げられていきます。そして、2週間ほどで自然に剥がれ落ちて新しい角質が表面に出てくるようになります。これが肌のターンオーバーです。
ターンオーバーが正常に働くことで、美しい肌を保つことができるのです。通常ターンオーバーの周期は約28日ですが、肌が乾燥すると角質が硬くなり周期が乱れやすくなります。すると、肌細胞が十分に育たないまま肌表面に出てきてしまいます。その影響で、ゴワつきや乾燥といったトラブルが起こりやすくなるのです。ターンオーバー機能を正常に保つためにも、肌の乾燥を防ぐ保湿が重要になります。

・バリア機能を高める
角質層は、肌を外部刺激や乾燥から守ってくれるバリア機能の役割を持ちます。角質層には角質細胞が重なり合っており、その隙間を埋めているのが天然の保湿因子です。天然の保湿因子とは皮脂膜、NMF(天然保湿因子)、細胞間脂質によって成り立っています。これらによって角質細胞が保護されているおかげで、バリア機能を正常に保つことができています。
ところが、加齢や肌の乾燥、ターンオーバーの乱れなどが原因となり、保湿因子が減少すると肌のバリア機能も低下するようになります。バリア機能が低下してしまうと、外部刺激による肌トラブルが起こりやすくなるだけではありません。肌が水分をキープする働きも低下してしまい、肌乾燥を招いてしまうのです。

・皮脂膜
皮脂膜とは肌表面に張られている膜のことであり、皮脂腺から分泌される皮脂(油分)と汗腺から出てくる汗(水分)で構成されています。肌の水分が蒸発するのを防いでくれたり、必要以上に角質が剥がれるのを防いだりするだけではありません。肌の柔軟性を保つなど、美しい肌を保つためにも重要な働きをしています。しかし、皮脂の分泌量や発汗量が減少することで皮脂膜の量も減るようになります。

・NMF(天然保湿因子)
角質細胞内にあるNMFは、アミノ酸やPCA、乳酸塩、ミネラル、糖類などから構成されており、水分を取り込む働きと、水分を抱え込む保湿性に優れた成分です。空気中や真皮にある水分を取り込み角質層にうるおいを与え、さらには、肌にハリとうるおい、柔軟性を与えてくれます。NMFは常に生成される成分ですが、ターンオーバーの乱れや加齢などが原因でその生成量が減少してしまうのです。

・細胞間脂質
細胞間脂質とは角質細胞同士をつなぐだけでなく、肌の水分をキープしてNMFの働きを安定させる役割を持ちます。水と油の両方になじみやすいだけでなく、細胞間脂質の中で規則正しく重なり合うことができる特徴です。細胞間脂質のおかげで、肌を外部の刺激から保護し肌の水分蒸発を防ぐバリア機能が維持できています。しかし、細胞間脂質が何らかの原因で減少してしまうと、バリア機能も維持できなくなり肌の乾燥も進みやすくなるでしょう。健やかな肌を保つためにも保湿ケアで肌のうるおいを保つ必要があります。
ターンオーバーを整えバリア機能を高めるために必要なこと
肌が乾燥することで肌トラブルが起こりやすくなるだけでなく、肌の健康も損なわれてしまいます。自分では保湿ケアをしっかりしているつもりでも、肌が乾燥したままということもあります。それは、使っているスキンケア製品が合わないか、ケアのやり方が誤っている可能性が高いでしょう。
バリア機能が低下している肌は、健康な肌と比べてみると天然保湿因子である皮脂膜、NMF、細胞間脂質の量が不足しがちです。乾燥した肌の場合、それぞれに近い成分が配合されている化粧品を選ぶことで、肌の健康状態を良好に保つように働いてくれるでしょう。たとえば、皮脂膜であればスクワラン、NMFであればアミノ酸、細胞間脂質であればセラミドといったように不足している成分を補ってくれる化粧品が役立つでしょう。

化粧水の種類
化粧水といっても製品ごとに配合されている成分が異なるため、その使用感にも違いが出てきます。自分に合った化粧水を選ぶためにも、主な化粧水の種類について理解しておきましょう。
最も一般的な化粧水は柔軟化粧水、保湿化粧水という種類です。うるおいが失われた肌に水分と保湿成分を届け、角質を柔らかくしキメも整えてくれます。また、化粧水の後につける美容液や乳液、クリームの浸透を助けることも期待できます。
ふきとり化粧水は肌にうるおいを与えるというよりは、古い角質や肌の汚れを除去する目的で使用します。コットンに含ませて、肌をふきとるようにして使いますが、使用頻度や使い方には注意が必要です。それは、使いすぎると必要以上に角質をとりすぎてしまい、乾燥肌や肌荒れのリスクを高めてしまうからです。特に、バリア機能が弱っている敏感肌や乾燥肌の人は、使用を控えるか使用時に十分な注意が必要です。
収れん化粧水とは皮脂の量をコントロールし、毛穴を引き締める目的で使用する化粧水です。一般的にアルコール濃度が高いため使い心地がさっぱりとしていますが、蒸発スピードが速く乾燥肌を引き起こすリスクがあります。そのため、皮脂分泌の盛んな思春期の人や脂性肌の人には適していますが、乾燥肌の人には向いていません。
美白化粧水とは、保湿化粧水に厚生労働省が認可した美白成分が配合された化粧水です。シミやメラニンケアなど、美白目的で使用します。

保湿化粧水の役割
スキンケア製品を使用すると、肌にうるおいを与えられるようになります。化粧品が持つ保湿の役割は「水分を与える」「水分を保持する」「水分の蒸発を防ぐ」ことです。肌をしっかり保湿するためには、保湿化粧水を使用するのが最適です。そして、保湿化粧水は保湿の役割のうち、水分を与える、水分を保持するという点に働いてくれます。しかし、せっかく保持した水分の蒸発を防ぐためにはそれだけでは足りません。油性成分を含むスキンケア製品で肌表面に膜を作り、水分の蒸発を防ぐケアが必須です。
そこでスキンケアでは、メイク落とし→ 洗顔 → ブースターオイル → 化粧水 → 美容液 → クリームの順番で使用するようにすすめられています。適切な順番でケアすることで、水分を与えて保持し蒸発を防ぐ働きが機能し、肌を保湿できるようになります。

Writer MIKI YAMADA 



1店舗を経て2018年Soy-kufu入社
シャンプー・スパ自信あります✨
お休みには美術館巡りやホットヨガに通ったりなど
アクティブ派です!
~似合う髪型になれる「3つの法則動画」~
東伏見駅徒歩1分の美容院SOY-KUFU(ソイクフ)のオフィシャルホームページです。赤色の下記バナーをクリックするとホームページに飛びます。