リンス、コンディショナー、トリートメントの違いについて西東京市東伏見の美容院が説明致します。植野

こんにちは!アシスタントの植野です!
今日はリンス、コンディショナー、トリートメントの違いについて説明します!

リンスの目的は、髪の表面を保護するするためのものです。

シャンプーの後に使うことで、髪に油分を補い、
髪の表面をコーティングして保護します。

そうすることで、髪へのダメージを防ぎながら、
指が紙に「スルッ」と入りやすくする効果があります。

同時に、髪の水分蒸発を抑えられるので、
洗った髪の状態を長く保てるというワケです(^-^)h

リンスの役割

リンスの役割は、髪の表面に油分の皮膜を作ることによって、水分の蒸発を防いだり、髪に艶を出すことができます。

また、シャンプーでアルカリ性になったものを、髪本来の弱酸性に戻します。

コンディショナーもリンスとほとんど同じで、髪の表面のみに作用し、油分の皮膜で水分の蒸発を防いだり、髪に艶を出す事が主な目的となります。

厳密に言うと、コンディショナーの方が、リンスよりも髪の表面の保護をしっかりします。

トリートメントの登場

トリートメントの役割は、髪の表面だけでなく、内部にまで成分を浸透させ、髪に栄養を与えます。

そして、髪の痛みを補修したり、質感のコントロールまでできるものもあります。

すなわち、リンスとコンディショナーとトリートメントの違いについてですが、リンスとコンディショナーは基本的には同じで、髪の表面にだけ作用するもので、トリートメントは髪の内側まで浸透するという事です。

最近は、リンスのパワーアップバージョンとして、
トリートメントが増えてきています。

昔のシャンプーは、強烈に汚れを洗い落とす、
洗浄力の強いものが多かったのです。

すると、油分まで落としすぎて、
髪の毛がゴワゴワになってしまいです。

今でも、田舎の銭湯に行くと、
おいてあったりしますね

ただ、最近のシャンプーはマイルド成分を含むものが多く、
リンスの必要性がそこまで必須ではなくなってきました。

なので、おススメするならトリートメントを使った方がいいですね。

Writer Yoshihisa Ueno


2017年 広島美容専門学校 卒業
2017年4月 soy-kufu 新卒で入社
業界では珍しい 入社して3ヶ月でカット練習開始
そして入社して半年でモデルカット開始
1年スタイリストデビュー目指してます!
カットモデル募集中!!!

ホームページ

instagram
Twitter
LINE

~似合う髪型になれる「3つの法則動画」~
東伏見駅徒歩1分の美容院SOY-KUFU(ソイクフ)のオフィシャルホームページです。赤色の下記バナーをクリックするとホームページに飛びます。