パーソナルカラーとは??

こんにちは!
山田です。

GWにスペシャル企画として”パーソナルカラー診断”soy-kufuにて開催致します!

講師の方も、外部からお呼びしたら有名な方にお願いしております。

なので、今回はパーソナルカラーって?という方のためにご説明をしていこうと思います!

自分の肌や目の色をじっくり観察してみたことはありますか? 同じ日本人でも、一見違いがないように見えて、実は一人ひとり微妙に異なった色をしています。それにともない「似合う色」「似合わない色」も一人ひとり異なるというのが、パーソナルカラーの理論。おしゃれの重要なカギとなるのが「色使い」です。

色は、人の印象に大きな影響を与えるもの。特定の色を着ると褒められたり、好きな色なのになぜかしっくりこなかったり……といった経験はありませんか? パーソナルカラーの理論を知ると、これらの経験がそうゆうことか!と納得頂けると思います。

パーソナルカラーは、1980年代にアメリカから渡ってきた理論です。ただ、肌や目の色の差が比較的小さい日本人には当てはめにくい部分がありました。そこで、もともとの理論を日本人向けに進化させたものが、パーソナルカラーのメソッドなんです。

すべての色は、色み(イエローベースorブルーベース)、明度(色の明るさの度合い)、彩度(色の鮮やかさの度合い)、清濁(色の濁りの度合い)という属性の組み合わせに応じて成り立っています。この属性を少しずつ変えていくと、人によって「似合う色」になったり「似合わない色」になったりします。たとえば同じ赤でも、鮮やかな赤が似合う人もいれば、くすんだ赤が似合う人もいるというわけですね。

この「似合う色」、つまりパーソナルカラーの傾向を4つのグループに分けたものが、一般的に最もよく知られている「フォーシーズン」分類。「スプリング(春)」「サマー(夏)」「オータム(秋)」「ウィンター(冬)」という分類方法は、聞き覚えのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

パーソナルカラーの傾向を春夏秋冬の4グループに分類した、「フォーシーズン」分類。
パーソナルカラーの傾向は、主に4つのシーズンに分類される

「スプリング」タイプは、イエローベース・高〜中明度・清色の組み合わせが似合う人。鮮やかなオレンジレッドや、新緑のようなライトイエローグリーンなど、キュートで若々しい色が似合います。
「サマー」タイプは、ブルーベース・高〜中明度・濁色が似合う人。グレイが少し混ざったようなマラカイトグリーンやスカイブルーなど、優しく涼しげな色をエレガントに着こなせます。

「オータム」タイプは、イエローベース・中〜低明度・濁色が似合う人。秋の葉のようなマスタードや、深みのあるモスグリーンなど、渋い色も大人っぽく華やかな印象になるのが特徴です。
「ウィンター」タイプは、ブルーベース・高〜低明度・清色が似合う人。透明感のあるマゼンタやロイヤルブルーなどのはっきりした色を着ると、クールな存在感が際立ちます。

自分のシーズンカラーを知っておくことで、魅力を最大限に引き出す色選びができるようになります。「赤が好きだけど手持ちの服が似合わない」といった場合も、自分のシーズンカラーに合わせて少し深めの色にしてみるなど、似合う色に寄せていくことができるのです。

ちなみに、どのシーズンの人でも共通して得られる効果もあります。たとえば、明度の高い色は顔をぱっと明るく見せ、明度の低い色はシャープに引き締めて見せる。澄んだ色は顔の輪郭をくっきりと、濁った色はソフトに見せる、などです。色が与える印象について知れば知るほど、「似合う色」がわかることはもちろん「なりたい自分」を演出しやすくなるので、おしゃれのテクニックとして活用して頂けること間違いなしです!

いかがでしたでしょうか!
自分のパーソナルカラー気になる!という方やまだGWのご予定が決まってない!などなど
空きがまだございますので、是非お試しください!
TELにて「パーソナルカラー診断」予約取りたい。とお伝えして頂ければ大丈夫です!

名前
Writer MIKI YAMADA 



1店舗を経て2018年Soy-kufu入社
シャンプー・スパ自信あります✨
お休みには美術館巡りやホットヨガに通ったりなど
アクティブ派です!
~似合う髪型になれる「3つの法則動画」~
東伏見駅徒歩1分の美容院SOY-KUFU(ソイクフ)のオフィシャルホームページです。赤色の下記バナーをクリックするとホームページに飛びます。