ノンシリコンシャンプーは本当に髪に良いの?

ノンシリコンシャンプー、数年前から話題ですね。
「気になっているけど使ったことがない」「使ったけど自分には合わなかった」等、
色々なお話を聞くので、今日はそれについて書いてみたいと思います。

シリコンとは?

髪をサラサラにしたり、しっとりさせたり、艶を出す働きや、指通りをなめらかにする効果があります。

なぜシリコンが入っていない事を、アピールするの?

1つはオーガニックなライフスタイルの方へアプローチするためです。
もう1つは、シリコンには種類があり、

《種類によっては、髪や頭皮にくっつき過ぎるものがある》
という事があげられます。
使用し続けると、しっとりを通り越し、ベトつきになってしまう事も。
また、配合量によっても効果が出すぎて、同じ事になる場合もあります。
その場合、毛穴のつまりを引き起こす原因や、カラーが染まりにくくなったり、パーマがかかりにくくなる場合もあるので注意が必要です。
それらを使った、ネガティヴキャンペーンとしてアピールしていると言ってもいいでしょう。

しかしそもそも、、、、

現在、発売されているシャンプーの多くはノンシリコンシャンプーだという事をご存知でしたか??
シリコンが、入っているのは、ほとんどの場合トリートメントやコンディショナー。ノンシリコンシャンプーと言うとキャッチーで、販売しやすいという戦略だと推測します。

ノンシリコンシャンプーを使うとバサバサになったのは何故?

上記の様に、おそらくノンシリコンシャンプーでは無く、ノンシリコンコンディショナー、トリートメントが原因と思われます。
最初に書いた様に、シリコンは髪にとって色々な良い面があります。ある程度ダメージしている髪にはシリコンが必要な場合が多いので、それが無いとバサバサになってしまう可能性があります。

ノンシリコンシリーズはどんな人に合うの?

髪のダメージのがあまり無く、引っかかりも少ない人に適しています。ショートヘアで痛みを気にしないスタイルの方にもオススメ。
また、日頃からオーガニックやヘルシー&ロハスな生活をしている方が、ライフスタイルとして取り入れる事も素敵なことでしょう。

いかがでしたか?

シリコンは悪いわけでは無く、髪質やライフスタイルによって使い分けるという事をお伝えしました。
自分の髪質に合うかどうかがわからない場合は美容院で美容師さんに聞いてくださいね!!

Writer Takuro Ishibashi

大手サロンのトップスタイリストを経て2014年東伏見駅にて美容院soy-kufu(ソイクフ)を起ち上げる。同年に「ビスポークスタイル」という対話形式のカウンセリングを確立させ、さらには「non wetting cut」という濡らさずに切るオリジナルカット技法も確立。技術力の高さから武蔵関、西武柳沢をはじめとした遠方からの顧客も多く、リピート率は90%を超える人気オーナースタイリスト。
~似合う髪型になれる「3つの法則動画」~
東伏見駅徒歩1分の美容院SOY-KUFU(ソイクフ)のオフィシャルホームページです。赤色の下記バナーをクリックするとホームページに飛びます。