トリートメントの効果を最大限上げる、たったひと手間♪

お風呂でのトリートメント。せっかくやるなら最大限効果を出したいですよね。

石橋
まずは基本から!!

塗布前

シャンプー後、髪の水気を手で軽くきってください。軽く絞る感じでOK。塗布量は長さによっても違うのですが、髪全体にいきわたる量を手に取りましょう。

塗布

基本的には頭皮にはつけません。髪は毛先に行くほど傷んでいるので、毛先からつけはじめ、根元に向かってのばしていく感じで塗布しましょう。襟足の毛は傷みやすく絡みやすいので、特に意識してください。

時間

トリートメントをつけて、そのまま置いておく時間は5分~10分前後が良いでしょう。あまり置きすぎても意味がありません。逆につけてすぐ流したとしても、≪やらないよりは効果がある≫ので、毎日続けられる時間設定にしてください。

すすぎ

すすぎはしっかりと行ってください。この時頭皮にトリートメントが残らないように、頭皮を軽くこすりながらシャワーで流すとよいでしょう。

ここまでが基本です。

石橋
この基本にプラスして頂くと、トリートメントの効果が最大限に高まる方法をお教えします!!

それは

【トリートメント塗布後、粗めのくしやブラシでとかす。】

これだけです。

日本人の髪は約10万本あるといわれています。なので手で塗布しただけだと、どうしてもムラになってしまうんですね。髪1本1本にいきわたっているほうが、トリートメントの効果が高いのはお分かりになるかと思います。

ブラッシングする際、無理やり引っ張ると逆に傷んでしまうので注意です!優しく行ってください。

いかがでしたか?

たったひと手間ですが、劇的に変わりますのでぜひ試してくださいね☆

Writer Takuro Ishibashi

大手サロンのトップスタイリストを経て2014年東伏見駅にて美容院soy-kufu(ソイクフ)を起ち上げる。同年に「ビスポークスタイル」という対話形式のカウンセリングを確立させ、さらには「non wetting cut」という濡らさずに切るオリジナルカット技法も確立。技術力の高さから武蔵関、西武柳沢をはじめとした遠方からの顧客も多く、リピート率は90%を超える人気オーナースタイリスト。
~似合う髪型になれる「3つの法則動画」~
東伏見駅徒歩1分の美容院SOY-KUFU(ソイクフ)のオフィシャルホームページです。赤色の下記バナーをクリックするとホームページに飛びます。