美容院ではなく自分でストレートパーマをするなら気を付けたいこと

雨が続くと、髪の毛がまとまらずにイライラしますよね。

石橋
ドラッグストアでストレートパーマ剤を購入し、自宅でやられたことはありますか?今日はそれについて書きたいと思います。

ストレートパーマ剤は強い

基本的にストレートパーマ剤は強い薬剤です。強い薬剤はコントロールが難しく、美容院でも扱うには経験値が必要です。それを自宅でやられるとなると、美容師目線では、かなりの覚悟が必要だと考えます。

ダメージレベルが高い

美容院では塗り方、時間、薬剤の強さを髪のダメージによって細かく変えます。これはストレートパーマ剤がそれだけ繊細なものだからです。自宅でやる場合はそれができないので、髪はかなりのダメージをうけるでしょう。1度ダメージしてしまった髪の毛は元には戻りません。
また、薬液が頭皮についてしまうと、断毛の原因になりますので、頭皮には絶対つけてはいけません。

まっすぐにはならない

美容院ではストレートパーマ剤を使用して髪をまっすぐにする場合、アイロンの施術をします。これを縮毛矯正と言います。自宅でやる場合はアイロンは使わないので縮毛矯正ではありません。
結果、残念ながらまっすぐにはなりません。くせが落ち着いたり、頭が一回り小さくなる効果はあるでしょう。

ドラッグストアでも取り扱いは縮小傾向に

昔は沢山の種類があったのですが、最近ではあまり種類がないドラッグストアが多いようです。これはおそらく上記したように、ストレートパーマの難しさが原因と考えられます。

いかがでしたか?
かなり難易度が高いのが、自宅でのストレートパーマです。実際に髪がかなり傷んでしまった例も何度も見てきました。もしもストレートパーマをご希望の場合は、美容院での施術をおすすめいたします。

Writer Takuro Ishibashi

大手美容院のトップスタイリストを経て2014年東伏見駅にて美容院soy-kufu(ソイクフ)を起ち上げる。同年に「ビスポークスタイル」という対話形式のカウンセリングを確立させ、さらには「non wetting cut」という濡らさずに切るオリジナルカット技法も確立。技術力の高さから東伏見はもちろん、武蔵関、西武柳沢、保谷をはじめとした遠方からの顧客も多く、リピート率は90%を超える人気美容院オーナースタイリスト。
~似合う髪型になれる「3つの法則動画」~
東伏見駅徒歩1分の美容院SOY-KUFU(ソイクフ)のオフィシャルホームページです。赤色の下記バナーをクリックするとホームページに飛びます。