シャンプーする前がポイント!!

こんにちは!
山田です。
シャンプーの洗い方気をつけてる方は沢山いらっしゃると思いますが、シャンプー前にぬらすのも大事なんです!

健康的な髪の毛のために必要なこととして、生活習慣やストレスをためないなど様々な要素がありますがら中でも大切なのが毎日のシャンプーです。
一般的にシャンプーは、髪の毛を洗うことだと思われがちですが、一番の目的は”頭皮の汚れ”を落とすことです。
髪の毛の汚れはお湯で流すことで約7割ほど落とすことができますが、頭皮は皮脂の分泌が多く、この皮脂が蓄積されると、細菌や微生物が増殖しニオイやかゆみが発生するだけではなく、毛穴を詰まらせ抜け毛の原因になってしまいます。
一日に一度、シャンプーすることは頭皮環境を整えるためにとても大事になります。

そこで、今回は正しいシャンプーの方法をご紹介します。

シャンプー前にブラッシングをしておくことで、頭皮の汚れやフケを浮かび上がらせ、その後のシャンプーの泡立ちが良くなり、髪の毛の汚れを落としやすくなります。
さらに、頭皮を刺激することで、血行を促進し新陳代謝を活発化するので、抜け毛予防にも繋がります。
シャンプーの効果を最大限に発揮するために、ブラッシングを丁寧に行いましょう。

お湯の温度は38度前後のぬるま湯で!

特に冬場など熱いお湯で流されてる方も多いのではないでしょうか?
熱いお湯で洗うと、一見スッキリ汚れが落ちるように感じますが、実は、頭皮にとっては大きなストレスとなります。
熱いお湯で洗うと、頭皮に必要な分の皮脂やうるおい成分まで洗い流してしまうことになり、かゆみやフケの原因にもなります。
顔の洗顔をするときも、ぬるま湯でした方がいいって言いますよね!
それと同じで、頭皮も同じように38度前後のぬるま湯で洗うようにしてください。
ちなみに、38度より低い温度では、頭皮や髪についた皮脂などの汚れを落とすことができず、気になるニオイが発生することもあります。
シャンプー前にぬらすときも、洗うときと同じように指の腹で頭皮をこする感じでするのがポイントです!
1分くらい出来るといいですね。

次にシャンプーですが、シャンプー剤はそのまま地肌にのせると、刺激が強すぎてかぶれの原因になったり、すすぎで十分に落とせず洗い残しとなってしまうことがあります。
そのため、シャンプー剤を手のひらにのせて軽く泡立ててから洗っていきます。
もし、泡立ちが物足りないと感じた場合は、シャンプー剤またはお湯を少しつけると泡立ちがよくなります。
ここでも頭皮を洗うイメージで!

洗髪の最後の大事なポイントは、とにかくきっちりと洗い流すことです。
せっかく正しいシャンプー方法を実践しても、すすぎ方が足りないと洗い残しのシャンプー剤や汚れが蓄積し、頭皮や髪の毛の様々なトラブルを招いてしまう原因になります。
シャンプーの”ぬるつき”がとれても、成分は頭皮に残ったままになっていることがあるので、「これで充分かな」思うところから、さらに時間をかけて洗い流してください。
3分~5分くらいがベストです。

Writer MIKI YAMADA 



1店舗を経て2018年Soy-kufu入社
シャンプー・スパ自信あります✨
お休みには美術館巡りやホットヨガに通ったりなど
アクティブ派です!
~似合う髪型になれる「3つの法則動画」~
東伏見駅徒歩1分の美容院SOY-KUFU(ソイクフ)のオフィシャルホームページです。赤色の下記バナーをクリックするとホームページに飛びます。