洗顔後の正しいケア方法やパックの仕方を東伏見の美容院がご紹介

こんにちは、隅です。

紫外線が強い季節に本格的に入りましたね、
皆様この季節お肌はとってもデリケートな季節です!

本日はお肌のケア方法をご紹介致します。
マッサージの正しいやり方
皆様、洗顔をしてそのままマッサージすることとかございますか?
またオイルでマッサージする事とかございますか??
その時の正しいマッサージ方法をご紹介致します!

またマッサージでえれる効果もしっかりお伝えしますので
お願い致します。

摩擦熱により血行促進します。
っ血行促進することでお肌にたくさんの酸素や栄養が届くので
健康なお肌になります。
また、使用するオイルやクリームがお肌表面を
なだらかにしてくれるのでツルツルになります。

力を入れすぎない

力を入れすぎると過度な摩擦がかかり赤みや色素沈着を
おこしたり
たるみやシワをつくってしまうことも、、
優しく手の重みが伝わる程度の力加減がグッドです!

潤滑のためのオイルやクリーム、ジェルを使用しましょう

滑りの良いスキンケアアイテムを使用して皮膚の摩擦を抑えましょう

手の動く方向は下から上に!内から外!

これもたるみやシワをつくってしまう原因なので必ず
向きに逆らわずに動かしましょう!

パックの正しいやり方

お肌を密封することにより皮膚呼吸を止めます
酸素の運搬をしようと血行促進をしお肌にたくさんの酸素や栄養が
届くので健康なお肌になります。
また、酸素をとりいれようと毛穴が開くので毛穴の大掃除や
化粧品の浸透がよくなります。
息を止めると苦しくなりお顔が赤くなる症状が
現れるのですが想像できますでしょうか??
それと同じで血管の中で動き周り血行促進し、ということになります。

お肌をしっかり密閉すること

塗るタイプのものは薄く塗りすぎたら効果半減!
皮膚にしっかり覆える熱さで伸ばしましょう
シートタイプは乾いて来たら逆に水分を奪ってしまうので
もったいない感じもしますが潤いあるうちに
はずしましょう!

長時間の置きすぎ注意

お肌を密閉しているので、長時間つけているとお肌に
負担がかかります。10~15分を目安にパックを外しましょう!

必ずパック後はスキンケアを!

パックを外したお肌はローションやミルクが浸透しやすい状態です。
パックをしたからダイジョブウ!と油断せずに最大限の効果を発揮する
ためにしっかりスキンケアをしましょう!

また+の作業にはなるのですが
もっとツヤっぽくモチモチになる方法をご紹介致します!

ローション

ダブル洗顔後はスキンケア成分の浸透力もアップ

ローションの役割
水分補給
毛穴の引き締め
お肌を弱酸性に保つ

エッセンス

ローションで補給した水分を長時間保持

エッセンスの役割
水分保持

ミルク

水分の道筋をつくって油分補給

ミルクの役割
油分補給によりお肌を滑らかにする
角質と角質の隙間に満たしてバリア機能を高める

クリーム

ミルクまでの道すじをめぐって栄養補給
クリームの役割
化粧品の中で最も油分の多いクリームは栄養たっぷりです!
ミルクの道筋をたどってお肌にたっぷり栄養を深部まで
届けます!

正しいお手入れが出来たお肌の状態ですが
手がお肌に吸い付く感じです!

ずるずるベタベタするのは、しっかり浸透していない証拠です!
ローションの塗布がしっかりできていない場合は多いです!

またサラサラしている場合はお肌がもっと
水分油分が欲しがっている証拠です!
もっとたっぷり塗布しましょう!

正しいケア方法をしないといい化粧品をつかっていても
意味がないのでしっかりケアしてあげるとよいかと
思います。

ありがとうございました!

Writer Yuka Sumi 


専門学校時代、技術能力試験 カット部門 第3位!現在カット技術極め中です☆彡 服飾の資格を取得しており趣味はお洋服作りです* ファッション、ヘアなどトータルで可愛いをご提案できるよう勉強中です☆
~似合う髪型になれる「3つの法則動画」~
東伏見駅徒歩1分の美容院SOY-KUFU(ソイクフ)のオフィシャルホームページです。赤色の下記バナーをクリックするとホームページに飛びます。