カラーした後になんでラップを付けるのか西東京市東伏見の美容院が説明します!植野

こんにちは!アシスタントの植野です!

今回は一度は思ったことあるのではないでしょうか?

というか、一番最初にラップされてる人を見た時は「え?」って感じだったかもしれないですが。

カラーする時になんでラップするの?
当たり前すぎて説明をしたことがほぼありませんでした。

申し訳ございませんでしたん。

謝ったので許してください。

さて、本題です。

ラップすることに意味があるのか?

とても大事な理由が3つもありますよ。

ただラップをするだけで3つも理由があるんですよ。

ヘアカラーする時に「ラップ」の3つの理由
まずはざっくり3つのご説明。

* カラー剤の乾燥を防ぐ
* 頭皮の熱を利用する
* カラーが他のところにつかない

1つずつ説明していきましょう。

・カラー剤の乾燥を防ぐ

カラー剤はクリーム状ですよね?

塗布量にもよりますが、ラップをしないとエアコンなどで乾燥していきます。

と言っても、カッピカピになるかといったらそんなことはありませんが。

それでも、薄く塗っているところなどは乾燥しやすくなります。

乾燥してしまうと上手くカラー剤が反応しにくくなります。

塗布量などにもよるので、絶対というわけではありません。

・頭皮の熱を利用する

これが一番かもしれませんね。

頭皮からも体温は伝わってきます。

で、その体温をラップすることで熱を髪全体に行き渡らせます。

たまに頭の上でクルクル温める機械がありますよね?
アレを使わなくてもある程度は体温を使って薬剤の反応を良くします。

髪質などによってはクルクル温める機械を使わなければいけないこともありますが。

カラーが他のところにつかない

これも大事なこと。
お客さんが雑誌読んだりスマホいじったりで顔が下向きますよね?

その時に顔にべちゃ!って付かないようにしたり。

何か取ろうと前屈みになった後に、背中にカラー剤が付かないようにしたり。

もうそんなことになったらテンションだだ下がりですよね…

そうならないためにもしています。

んじゃ、絶対ラップした方がいいんじゃないの?
となりますが・・・
それがまた例外もあります。

トーンダウン(暗くする場合)はラップをしない方が綺麗に発色します。

ま、ケースバイケースってやつですね。

ちなみにラップって普通のラップなの?
これもたまに聞かれますが・・・

お店によってバラバラです。

美容室用のラップを使っているところもあれば
食卓用のラップを使っているところも。

違いとしては、ラップがくしゃってなった時に戻しやすいかどうかとか。

普通のラップは戻しにくいけど、美容室用のラップは戻りやすいです。

ラップ同士がくっつきにくいって感じですかね。

逆にくっついて欲しい美容室は普通のラップを使います。

やりやすい方を使っているだけで特に良い・悪いはありません。

話を戻しましょう。

したいカラーや状態に合わせてラップをするか決めているので安心してください

もしたまに
あれ、ラップ忘れてるのかな?
って思ったとしても、そんなことはありません。

わざとラップをしていないだけです。

その時々で合わせて使っているので
ご安心ください!

Writer Yoshihisa Ueno


2017年 広島美容専門学校 卒業
2017年4月 soy-kufu 新卒で入社
業界では珍しい 入社して3ヶ月でカット練習開始
そして入社して半年でモデルカット開始
1年スタイリストデビュー目指してます!
カットモデル募集中!!!

ホームページ

instagram
Twitter
LINE

~似合う髪型になれる「3つの法則動画」~
東伏見駅徒歩1分の美容院SOY-KUFU(ソイクフ)のオフィシャルホームページです。赤色の下記バナーをクリックするとホームページに飛びます。