時間のない朝に、簡単に寝癖をなおす方法を東伏見の美容師がお教えします!


こんにちは。森田です!
私もですが、皆さんも新生活が始まったと思います。

忙しい朝に寝癖を直すの大変だと思ったことないですか??
朝起きてから色々と支度に時間がかかりますよね。
それに加えて、髪がボサボサだったら支度にかなり時間がかかってしまいます。

何で寝癖ができるのか
2つの原因をご紹介します。
1つ目は、お風呂上がりに髪の毛が濡れたままや、生乾きなどの自然乾燥で寝てしまう。
2つ目は、何かをしながら寝落ちしてしまうとしっかりと乾かしていても変なクセががつく事があります。

お風呂からでたらしっかりとタオルドライをした後に、髪の毛を乾かしましょう☆

簡単な寝癖の予防法3つ!!

1.髪の毛はきちんと乾かしてキレイにブローする!

根元や後頭部の内部は特に、枕と挟まれ寝返りすることで、クセもつきやすくなる部分なので寝る前に丁寧にブローしてから寝ると、毛が絡みにくくなるのでオススメです!

2.低反発枕を使用する!

高反発の硬い枕では、寝返りの度に枕と擦れて髪の毛がぐちゃぐちゃにからまってしまいます。
枕による寝癖を軽減させたいのなら低反発枕がオススメです!低反発枕なら優しく頭にフィットするのでボサボサになりにくくしてくれます☆

3.髪を束ねて寝る!

髪を束ねて寝るのも寝癖予防に効果的!!
三つ編みや編み込みなどにゆるく編んでおけば、朝外したときにナチュラルなウェーブヘアになって、短時間でオシャレなヘアスタイルになります。
編んだり結んだりするときに、ゴムあとがつきやすい人はシュシュで留めるとあとがつきにくくなると思います。

これでも、寝癖が出来てしまうようでしたら
なおす方法としては、蒸しタオルや霧吹きでなおしたい部分を湿らせて髪の毛をリセット!
髪の毛を直接濡らしてしまうと乾かすのに時間がかかってしまうので、濡らしたタオルを30〜40秒くらいレンジで温めると蒸しタオルの出来上がり!
蒸気が逃げないように優しくなおしたい部分を包んでください。髪の毛がしっとりしたらドライヤーで乾かかしてください。
全体を整えたいのなら頭に蒸しタオルを巻いて髪の毛をリセットしている間にメイクなどを済ませることもできます◎

霧吹きを使う場合は、寝癖の部分を濡らして手をジグザグさせながらドライヤーの熱をあててください。

蒸しタオルをつくる時間もないという方には、市販の寝癖なおしを使っていただければ、髪の毛により早く水分を浸透させることができますので、時間がない朝も素早く寝癖がなおせます!

寝癖をなおしたいけど、なおす時間が少しもない!というのであれば。
髪の毛の長さでも変わってきますが、ヘアアレンジをして束ねると、時間がない中でもできるかなと思います!
ヘアアレンジとしては、1つに結んだ髪の毛をくるりんぱするだけや、2つ結びでくるりんぱを繋げて毛を少し引き出すのもかわいいと思います!
前髪だけの寝癖にはカチューシャをつけたり、前髪を分けてコールドやカラフルなピンで留めたり、ゆるーく編み込んでしまうのもアリです!

寝癖がなおらなくて、髪型が決まらず1日を過ごすのは嫌ですよね。そうならないためにも寝る前にしっかりとケアして、未然に寝癖を防いでみてください。
もしも、寝癖になっても時短寝癖なおしで時間をかけずケアして1日を楽しく過ごしましょう!

Writer Madoka Morita


山野美容専門学校卒業、在学中に着物と白無垢の着付け資格を取得しました*着付けることとヘアアレンジをする事が好きです☆
丁寧な仕事ができるよう心がけて頑張ります!
Instagram:madoka_morita

 

~似合う髪型になれる「3つの法則動画」~
東伏見駅徒歩1分の美容院SOY-KUFU(ソイクフ)のオフィシャルホームページです。赤色の下記バナーをクリックするとホームページに飛びます。